酵素-3(さ)

ジサッカリダーゼ

ジサッカリダーゼまたは二糖類分解酵素(Disaccharidase)とは、二糖を単糖に分解するグリコシダーゼである。これらの酵素の1つを遺伝的に欠損している個体は、先天的な乳糖不耐症やショ糖不耐症等の二糖類不耐症となる。

二糖類分解酵素の例[編集]

ラクターゼ - ラクトースをグルコースとガラクトースに分解する。

マルターゼ - マルトースを2分子のグルコースに分解する。

スクラーゼ - スクロースをグルコースとフルクトースに分解する。

トレハラーゼ - トレハロースを2分子のグルコースに分解する。

関連項目

先天性代謝異常症

先天性代謝異常症

移動先: 案内検索

先天性代謝異常症(せんてんせいたいしゃいじょうしょう)とは、生まれつき特定の酵素が欠損していたりして、代謝の働きが阻害されているため起きる症状である。主な原因としては、両親に遺伝的な要因が潜んでいて、その組み合わせが悪いと子供に症状が出てしまう。

診断方法

出産前予見

出産後診断

先天性代謝異常症の例

·         有機酸代謝異常症

·         メチルマロン酸尿症

·         プロピオン酸血症

·         アミノ酸代謝異常症

·         フェニルケトン尿症

·         メープルシロップ尿症(楓糖尿症)

·         ホモシスチン尿症

·         シスチン尿症

·         シトルリン血症

·         糖代謝異常症

·         ライソゾーム病

·         ゴーシェ病

·         ムコ多糖症など

·         ガラクトース血症

 

外部リンク

·         日本先天代謝異常学会

·         健康広場:先天性代謝異常等検査

·         日本疾患メタボローム解析研究所

·         先天性代謝異常症 - 病気の治療 | 徳洲会グループ

·         『先天性代謝異常』:新字新仮名 - 青空文庫ギャロッドアーチボルド 英語版著、水上茂樹訳)

カテゴリ: 酵素二糖

カテコールオキシダーゼ

カテコールオキシダーゼ

識別子

EC番号

1.10.3.1

CAS登録番号

9002-10-2

データベース

IntEnz

IntEnz view

BRENDA英語版

BRENDA entry

ExPASy

NiceZyme view

KEGG

KEGG entry

MetaCyc

metabolic pathway

PRIAM

profile

PDB構造

RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

遺伝子オントロジー

AmiGO / EGO

[表示]検索

カテコールオキシダーゼ (catechol oxidase; EC 1.10.3.1) とは、酵素の一種で、チロシナーゼジフェノールオキシダーゼカテゴラーゼo-ジフェノラーゼフェノラーゼ等の別名を持つ。カテコールオキシダーゼは以下の反応を触媒する。

2 カテコール + O2 {\displaystyle \rightleftharpoons } \rightleftharpoons 2 1,2-benzoquinone + 2 H2O

CatecolOxidase react.png

また、チロシナーゼのようなを含むカテコールオキシダーゼは、EC 1.14.18.1に分類されるモノフェノールモノオキシゲナーゼとしての活性も持っている。その反応のようすを以下に示す。

L-チロシン + L-ドーパ + O2 {\displaystyle \rightleftharpoons } \rightleftharpoons L-ドーパ + ドーパキノン + H2O

Tyrosinase reaction.PNG

なお、動物由来のものはチロシンドーパに対する活性が高いといわれている。

参考文献

·         Solomon, E.I.; Chen, P.; Metz, M.; Lee, S.-K.; Palmer, A.E. (2001). Oxygen Binding, Activation, and Reduction to Water by Copper Proteins. Angew. Chem. Int. Ed. 40: 45704590. doi:10.1002/1521-3773(20011217)40:24<4570::AID-ANIE4570>3.0.CO;2-4. PMID 12404359.

カテゴリ:

·         EC 1.10.3

カテコールオキシダーゼ

カテコールオキシダーゼ

識別子

EC番号

1.10.3.1

CAS登録番号

9002-10-2

データベース

IntEnz

IntEnz view

BRENDA英語版

BRENDA entry

ExPASy

NiceZyme view

KEGG

KEGG entry

MetaCyc

metabolic pathway

PRIAM

profile

PDB構造

RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

遺伝子オントロジー

AmiGO / EGO

[表示]検索

カテコールオキシダーゼ (catechol oxidase; EC 1.10.3.1) とは、酵素の一種で、チロシナーゼジフェノールオキシダーゼカテゴラーゼo-ジフェノラーゼフェノラーゼ等の別名を持つ。カテコールオキシダーゼは以下の反応を触媒する。

2 カテコール + O2 {\displaystyle \rightleftharpoons } \rightleftharpoons 2 1,2-benzoquinone + 2 H2O

CatecolOxidase react.png

また、チロシナーゼのようなを含むカテコールオキシダーゼは、EC 1.14.18.1に分類されるモノフェノールモノオキシゲナーゼとしての活性も持っている。その反応のようすを以下に示す。

L-チロシン + L-ドーパ + O2 {\displaystyle \rightleftharpoons } \rightleftharpoons L-ドーパ + ドーパキノン + H2O

Tyrosinase reaction.PNG

なお、動物由来のものはチロシンドーパに対する活性が高いといわれている。

参考文献]

·         Solomon, E.I.; Chen, P.; Metz, M.; Lee, S.-K.; Palmer, A.E. (2001). Oxygen Binding, Activation, and Reduction to Water by Copper Proteins. Angew. Chem. Int. Ed. 40: 45704590. doi:10.1002/1521-3773(20011217)40:24<4570::AID-ANIE4570>3.0.CO;2-4. PMID 12404359.

脂肪酸合成酵素

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(20129月)

脂肪酸合成酵素(しぼうさんごうせいこうそ)または脂肪酸シンターゼ(しぼうさんシンターゼ、英: Fatty acid synthaseFAS)は、マロニルCoAとアセチルCoAから脂肪酸を合成する複活性ドメイン酵素のタンパク質である。69形に並んでいる2つの275kDaのサブユニットからできている。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、脂肪酸合成酵素に関連するカテゴリがあります。

酵素

ジホスホトランスフェラーゼ

ピロリン酸の球棒モデル

ジホスホトランスフェラーゼ(Diphosphotransferase)は、ピロリン酸基のホスホトランスフェラーゼである。

EC番号2.7.6に分類される。

酵素

EC.2.7.6.1 リボースリン酸ジホスホキナーゼ

EC.2.7.6.2 チアミンピロホスホキナーゼ

EC.2.7.6.3 2-アミノ-4-ヒドロキシ-6-ヒドロキシメチルジヒドロプテリジンジホスホキナーゼ

EC.2.7.6.4 ヌクレオチドジホスホキナーゼ

EC.2.7.6.5 GTPジホスホキナーゼ

 

関連項目

転移酵素

外部リンク

MeSH Diphosphotransferases

ホスホトランスフェラーゼ/キナーゼ (EC 2.7)

2.7.1 - OH アクセプター

ヘキソ- - グルコ- - フルクト- - ガラクト- - ホスホフルクト- - チミジン - NAD+- - グリセロール- - パントテン酸- - メバロン酸- - ピルビン酸- - デオキシシチジン- - PFP - ジアシルグリセロール- - ブルトンチロシン - ホスホイノシチド-3 - スフィンゴシン

2.7.2 - COOH アクセプター

ホスホグリセリン酸 - アスパラギン酸

2.7.3 - N アクセプター

クレアチン

2.7.4 - PO4 アクセプター

ホスホメバロン酸 - アデニル酸 - ヌクレオシド二リン酸

2.7.6 - P2O7トランスフェラーゼ

リボースリン酸ジホスホキナーゼ - チアミンピロホスホキナーゼ

2.7.7 - ヌクレオチジル-

インテグラーゼ - PNPアーゼ - ポリメラーゼ - RNアーゼ PH - UDP-グルコースピロホスホリラーゼ - ガラクトース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ -ターミナルトランスフェラーゼ - RNAレプリカーゼ - リバーストランスクリプターゼ (テロメラーゼ) - トランスポザーゼ

2.7.8 - 他のリン酸基

N-アセチルグルコサミン-1-リン酸トランスフェラーゼ

2.7.10-11 - プロテイン

チロシン - セリン/トレオニンプロテイン

消化酵素

消化酵素(しょうかこうそ)は、消化に使われる酵素のことである。分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられる。生物が食物を分解するために産生するほかは、食品加工、胃腸薬、洗剤として使用される。また、海外ではサプリメントとしての利用も一般化している。

炭水化物分解酵素

唾液

アミラーゼ(プチアリン) – 多糖であるデンプンを主に二糖であるマルトース(麦芽糖)に変える。

膵液

アミラーゼ(アミロプシン) – 多糖であるデンプンを主に二糖であるマルトースに変える。

腸液

サッカラーゼ –二糖であるスクロース(ショ糖、蔗糖)を単糖であるグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に変える。

マルターゼ –二糖であるマルトースを単糖であるグルコースに変える。

ラクターゼ –二糖であるラクトース(乳糖)を単糖であるグルコースとガラクトースに変える。

タンパク質分解酵素

一般にプロテアーゼ(広義のペプチダーゼ)と呼ばれる。また、腸液に含まれるプロテアーゼの混合物はエレプシンと呼ばれる。

胃液

ペプシン – タンパク質をペプトンにする。

レンネット

膵液

トリプシン – タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドにする。塩基性アミノ酸残基にはたらく。

キモトリプシン – タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドにする。芳香族アミノ酸残基にはたらく。

エラスターゼ – タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドにする。脂肪族アミノ酸残基にはたらく。

カルボキシペプチダーゼA – タンパク質のカルボキシル末端のペプチド結合を切断して中性、酸性アミノ酸を遊離させる。

カルボキシペプチダーゼB – タンパク質のカルボキシル末端のペプチド結合を切断して塩基性アミノ酸を遊離させる。

腸液

アミノペプチダーゼN – タンパク質のアミノ末端のペプチド結合を切断してアミノ酸を遊離させる。

脂肪分解酵素

胃液、膵液、(腸液、唾液)

リパーゼ – 脂肪(トリグリセリド)を最終的にモノグリセリドと脂肪酸に分解する。

※唾液には少量含まれる。リパーゼが腸液に含まれるとするかは解釈が分かれている。

触媒三残基

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(20118月)

セリンプロテアーゼの酵素反応機構

触媒三残基(しょくばいさんざんき、英: Catalytic triad)とは、酵素の活性部位に必要なアミノ酸残基であるセリン、ヒスチジン、アスパラギン酸の組み合わせを意味する。

例えばキモトリプシンの場合は、195番目のセリン側鎖が57番目のヒスチジンのイミダゾール環に近接し、さらにイミダゾール環の-NH基が102番のアスパラギン酸のカルボキシ基に近接している。

カテゴリ: 酵素名数3

人工酵素

人工酵素(じんこうこうそ)とは、生化学、有機化学、超分子化学で取り扱われるトピックのひとつ。例えば、酵素の機能(分子認識、選択性、触媒作用など)を持つ人工化合物や、天然にある酵素や生体分子に人工的な改変を加えて新しい性能(新たな反応性や選択性、固相表面や人工膜中への導入)を持たせたものを「人工酵素」と表す。

[

分子認識能と選択性を持つホスト分子と触媒作用を持つ触媒部位を結合させ、酵素的な反応を行わせるもの。ホスト分子としてはシクロデキストリンやカプセル型分子などの人工物である場合や、ペプチドやDNAや抗体など天然由来の化合物が利用される。触媒部位としては酸・塩基部位、酸化還元活性部位、遷移金属触媒部位など。

合成樹脂や無機材料へ、反応させたい基質に合った大きさの空孔を空けたもの。あるいは多孔性の材料を利用したもの。もとの材料がそれ自身で反応触媒能を有する場合はそのまま酵素的な反応が試される。そうでない場合は何らかの化学的な処理で反応触媒部位を持たせる方法がとられる。

天然に存在する酵素やアポ酵素をもとに、活性部位の配列を変えたり共有結合で新しい官能性部位を持たせたり人工的な補酵素様化合物を導入したりして、もとの酵素が持っていた性能と比べて新しい選択性や反応性を持たせたもの。

人工、あるいは天然由来の触媒分子を人工膜やミセル球、天然膜などの自己組織化構造へ導入し、高次系として酵素的な反応性を実現したもの。

スキャッチャードプロット

スキャッチャードプロット

スキャッチャードプロット(英: Scatchard plot)は、結合リガンドと非結合リガンドの濃度の比の結合リガンド濃度に対してプロットしたものである。自由に可逆なリガンド/受容体結合相互作用のデータを解析する手法の一つ。プロットにより直線の傾き−KKはリガンド結合の結合定数)が得られる。結合定数は解離定数の逆数である。X軸の切片はBmaxである[1]。スキャッチャードプロットでプロットした時に、データが直線とならない場合がある。こういった場合は、基質に対して結合したリガンドが測定前に平衡に達していないか結合が協同的である[2]

スキャッチャードプロットにおいて、B(結合リガンド)がX軸とY軸の両方に使われているため、線形回帰モデルにおける独立性の仮定が成り立たない。一般的に、スキャッチャードプロットやラインウィーバー=バークプロットは時代遅れである。それらの本来の意味は、データを線形回帰手法が適応可能なように元データの線形表現に変形することであった。これらの変形は高い頻度で実験誤差を歪め、結果が正確性がないならば誤解を招きかねない[3]

スキャッチャードプロットの名称はアメリカ合衆国の化学者ジョージ・スキャッチャードに因む[1]

脚注[編集]

^ a b Voet, Donald; (1995). Biochemistry, 3rd Ed.. John Wiley & Sons, Inc.. ISBN 0-471-39223-5.

^ Gross, David. Physical Chemistry: Applications in the Life Sciences.

^ GraphPad FAQ: Saturation Binding Curves and Scatchard Plots. 2014131日閲覧。

スクラーゼ

スクラーゼ (sucrase) は消化酵素の1つ。スクロース(蔗糖)の1,2-グリコシド結合を加水分解し、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)を生成する。ヒトの十二指腸腺から分泌される腸液に含まれる。

 

スーパーオキシドディスムターゼ

SOD.gif

ヒトのMnのスーパーオキシドディスムターゼの単量体の構造。[1]

 

識別子

 

EC番号

1.15.1.1

 

CAS登録番号

9054-89-1

 

データベース

 

IntEnz

IntEnz view

 

BRENDA英語版

BRENDA entry

 

ExPASy

NiceZyme view

 

KEGG

KEGG entry

 

MetaCyc

metabolic pathway

 

PRIAM

profile

 

PDB構造

RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

 

遺伝子オントロジー

AmiGO / EGO

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fd/Super_oxide_dismutase_activity_and_life_span_ja.png/300px-Super_oxide_dismutase_activity_and_life_span_ja.png

SOD活性と寿命との関係

ーパーオキシドディスムターゼ

スーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) は、細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素である[2]。酸素消費量に対するSODの活性の強さと、寿命に相関があると言われるが、これは体重に対して消費する酸素の量が多い動物種ほど寿命が短くなるはずのところを、SODが活性酸素を分解することで寿命を延ばしているとするものであり、動物の中でも霊長類、とくにヒトSODの活性の高さが際立ち、ヒトが長寿である原因のひとつとされている[3]

SODは、スーパーオキシドアニオン(・O2-)を酸素過酸化水素不均化する酸化還元酵素である。活性中心に(II)イオン亜鉛(II)イオン(Cu, ZnSOD)、またはマンガン(III)イオン(MnSOD)や鉄(III) イオン(FeSOD)のように二価または三価の金属イオンを持った酵素で、細胞質(Cu, ZnSOD) やミトコンドリア(MnSOD)に多く局在している。酸化ストレスを減少させる役割を持つ。最近、ニッケルを持つ酵素(NiSOD)も発見されている。生成した過酸化水素はカタラーゼペルオキシダーゼなどによって分解される。

がん細胞では活性酸素が高頻度に産生されており、SODの阻害に感受性を示す場合があるため、抗がん剤の標的として研究が行われている。

反応

SODの触媒機能による活性酸素の分解反応の半反応式は以下のとおりである。

M ( n + 1 ) + SOD   + O 2 M n + SOD   + O 2 {\displaystyle {\ce {M^{({\mathit {n}}{+}1)}^{+}{-}SOD\ +O2^{-}->M^{{\mathit {n}}+}{-}SOD\ +O2}}}ここで言うMは次のとおり。M = Cu (n=1) ; Mn (n=2) ; Fe (n=2) ; Ni (n=2)

この反応で、金属カチオンの酸化状態はnn+1の間を変動している。

類型

一般

Irwin FridovichJoe M. McCordによって発見されたSOD酵素群は以前、未知の機能をもつ金属タンパク質と考えられていた[4]SODにはいくつかの類型があり、それらタンパク質には亜鉛マンガンまたはニッケル補因子として含まれる。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/27/2SOD_ribbon_colorPencil.jpg/200px-2SOD_ribbon_colorPencil.jpg

ウシ亜科のCu-Zn SODサブユニット[5]

SODには金属補因子の種類により、Cu/Znタイプ(CuZnの両方と結合する)、FeMnタイプ(FeMnのどちらかと結合する)、Niタイプ(Niと結合する)の3つのタイプに大別される。

  • /亜鉛 - 主に真核生物に使われるタイプ。事実上すべての真核細胞細胞質基質Cu-Zn-SODを含む。市販されているCu-Zn-SODは通常はウシ亜科の細胞から精製されているものである。Cu-Zn-SODは分子量32,500のホモ二量体である。ウシ亜科のCu-Zn-SOD1975年に初めて構造が解明されたSODである[6]8本のストランドがグリークキーβバレルを形成した構造をしており、活性部位はバレルと表面ループとの間にある。2つのサブユニットは主に疎水的、静電気的相互作用により背中合わせに強く結合している。銅および亜鉛は6個のヒスチジン1アスパラギン酸側鎖に配位しており、1つのヒスチジンは2つの金属原子の間で共有されている[7]
  • /マンガン - 原核生物原生生物およびミトコンドリア内で使われるタイプ。
    • - E. coliと多くのバクテリアFe-SODを含む。いくつかのバクテリアはFe-SODであるが、その他はMn-SODで、さらに両方含むものもある。Fe-SOD植物色素体で見られる。立体構造ではFeおよびMn-SODは同じαヘリックスの配置を持ち、その活性部位のアミノ酸側鎖の配置も同じである。
    • マンガン - 鶏の肝臓ミトコンドリアと多くのバクテリアMn-SODを含む。Mn-SODはヒトのミトコンドリアでも見られる。マンガンイオンの配位子は3個のヒスチジン側鎖、1個のアスパラギン酸側鎖と水またはヒドロキシ配位子で、マンガンの酸化数(IIIII)に依存する[8]
  • ニッケル - 原核生物に含まれる。右巻きの4-ヘリックスバンドルからなる六量体構造で、それぞれニッケルイオンをキレートするN末端フックを含む。

ヒト

ヒト(すべての哺乳動物と大部分の脊椎動物も)では3種のSODが存在する。SOD1は細胞質、SOD2ミトコンドリアSOD3は細胞外空間に存在する。SOD12つのユニットからなる二量体であるが、他の2種は4つのユニットからなる四量体である。SOD1SOD3は銅と亜鉛を含むのに対し、SOD2はマンガンを活性中心に持つ。

脚注

  1. ^ PDB 1VAR; Borgstahl GE, Parge HE, Hickey MJ, Johnson MJ, Boissinot M, Hallewell RA, Lepock JR, Cabelli DE, Tainer JA (April 1996). Human mitochondrial manganese superoxide dismutase polymorphic variant Ile58Thr reduces activity by destabilizing the tetrameric interface. Biochemistry 35 (14): 428797. doi:10.1021/bi951892w. PMID 8605177. 
  2. ^ 伊藤 2007, p.79
  3. ^ 伊藤 2007, p.80
  4. ^ McCord JM, Fridovich I (1988). Superoxide dismutase: the first twenty years (1968-1988). Free Radic. Biol. Med. 5 (5-6): 3639. doi:10.1016/0891-5849(88)90109-8. PMID 2855736. 
  5. ^ PDB 2SOD;Tainer JA, Getzoff ED, Beem KM, Richardson JS, Richardson DC (September 1982). Determination and analysis of the 2 A-structure of copper, zinc superoxide dismutase. J. Mol. Biol. 160 (2): 181217. PMID 7175933. 
  6. ^ Richardson JS, Thomas KA, Rubin BH, Richardson DC (1975). “Crystal Structure of Bovine Cu,Zn Superoxide Dismutase at 3Å Resolution: Chain Tracing and Metal Ligands.”. Proc Nat Acad Sci USA 72 (4): 134953. doi:10.1073/pnas.72.4.1349. PMC 432531. PMID 1055410. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=432531. .
  7. ^ Tainer JA, Getzoff ED, Richardson JS, Richardson DC (1983). Structure and mechanism of copper, zinc superoxide dismutase.. Nature 306 (5940): 2847. doi:10.1038/306284a0. PMID 6316150. .
  8. ^ PDB 1N0J; Borgstahl GE, Parge HE, Hickey MJ, Beyer WF Jr, Hallewell RA, Tainer JA (1992). The structure of human mitochondrial manganese superoxide dismutase reveals a novel tetrameric interface of two 4-helix bundles.. Cell 71 (1): 10718. doi:10.1016/0092-8674(92)90270-M. PMID 1394426. 

参考文献

  • 伊藤明夫 『細胞のはたらきがかわる本』 株式会社 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2007年。ISBN 978-4-00-500575-8

関連項目

外部リンク

Jmjd1a

Jmjd1a(ジェーエムジェー ディーワン エー、英:Jmjd1aJumonji domain-containing 1a)は、「ジュモンジ(jumonjiC」(JmjC)ドメインを持つヒストン脱メチル化酵素

用語

Jmjd1aの「Jmj」は「Jumonji」の略。つづく「d1a」は「domain-containing 1a」の略で、「ドメイン1aを含む」という意味。つまり、Jmjd1aは、「Jumonjiドメイン1aを含む」(Jumonji domain-containing 1a)タンパク質となる。

1995年、三菱化学生命科学研究所の竹内 隆(Takeuchi Takashi、現・鳥取大学医学部教授)が、成育が異常なマウス神経管(将来の)の姿が「十文字」(漢字の「十」)に見えたことから、原因遺伝子を「jumonji」と命名した(マウスの写真[1]

Jmjd1aの別名リスト:Testis-specific gene A (TSGA) タンパク質、JHDM2A (JmjC-domain-containing histone demethylase 2A)、KIAA0742JHMD2AKDM3ADKFZp686A24246DKFZp686P07111JMJD1jumonji domain containing 1Jumonji domain-containing protein 1AJmjC domain-containing histone demethylation protein 2Alysine (K)-specific demethylase 3ALysine-specific demethylase 3A

発見

1.遺伝子

1991年、マウス精巣cDNAライブラリーから精巣特異的な遺伝子gene with testis-specific expressionTSGA)として最初に発見されたが、当初、機能は不明だった[2]

2.脱メチル化酵素活性

生物の体細胞ゲノムはどれも同じだが、細胞は分化に伴い各細胞に特有の性質を持つようになる。遺伝子は同じなのに、発現するタンパク質が異なるからである。では、どうやって、このコントロール、つまり転写制御をしているのだろうか? これがエピジェネティクスという新しい学問の根本的な問いかけである。

ゲノムDNAには塩基性タンパク質のヒストンが、きつく巻きついている。このヒストンをほどくことで、ほどかれた部分のDNAが転写できるようになると考えられた。1964年にメチル化によるヒストンの化学的修飾が発見されたが、長い間、転写を不活性化するための恒常的な仕組みとみなされていた[3]。しかし、ヒストンのメチル化をはずし、ヒストンをほどけば転写が起こる。ヒストンをほどくには、ヒストンを化学的にいじることになるが、そのいじり方の1つは脱メチル化である。しかし、ヒストンの脱メチル化酵素は、2004年、リジン特異的脱メチル化酵素(Lysine-specific demethylase 1Lsd1)が発見されるまで[4] その存在さえ、問われることがなかった。そして、2006年、Jmjd1aが、ヒストン脱メチル化酵素だと報告された[5]

構造

機能

1.ヒストンの脱メチル化

Jmjd1aは、レセプターのタンパク質に結合するLXXLモチーフ(短いペプチド構造)を持ち、アンドロゲンレセプター(AR)に結合することから、男性ホルモンであるアンドロゲンに反応して転写制御をすると考えられる[5]

2.性決定

脊椎動物哺乳類XY型の性染色体で、遺伝性の性決定を行う。哺乳類Y染色体上にある特定の遺伝子SRY遺伝子)が働くことで、性別決定する[6]

哺乳類のSRY遺伝子は、生殖腺精巣に分化させるスイッチとなる遺伝子であり、SRY遺伝子が発現しない場合は生殖腺は卵巣に分化する。

2013年、立花誠(京都大学・准教授)は、マウスの第6染色体(ヒトの第2染色体)にあるJmjd1aが働かないと、Y染色体にあるSRY遺伝子のヒストンH3K9を脱メチル化できず、マウスはY染色体があっても6割はメスになることを発見した[7]

遺伝子欠損マウス

Jmjd1a遺伝子欠損マウス(Jmjd1a KO)は、高脂血症高血糖高インスリン血症インスリン感受性の低下を示し、加齢に伴って肥満になる。つまり、糖脂質代謝や代謝関連遺伝子発現の異常を示す[8]

日本の貢献

201397日現在、Jmjd1aの世界の論文数は42報、日本の論文数は7報、日本論文率16.7%である。科学の全分野平均の日本論文率は8%なので、Jmjd1aの日本の論文数貢献度は平均の2倍と高い。

2000年以降に総説論文(上記検索論文内)を多く出版している基準で判断すると、日本の活発な研究者は、東京大学医学部 腎臓・内分泌内科の南学正臣(なんがく まさおみ)教授である。

疾患

応用・特許

脚注・文献

1.     ^ Takeuchi T, Yamazaki Y, Katoh-Fukui Y, Tsuchiya R, Kondo S, Motoyama J, Higashinakagawa T (May 1995). “Gene trap capture of a novel mouse gene, jumonji, required for neural tube formation”. Genes Dev 9 (10): 1211-1222. doi:10.1101/gad.9.10.1211. PMID 7758946. http://genesdev.cshlp.org/content/9/10/1211.long. 

2.     ^ Hoog, C., Schalling, M., Grunder-Brundell, E. and Daneholt, B. (Nov 1991). Analysis of a murine male germ cell-specific transcript that encodes a putative zinc finger protein. Mol Reprod Dev 30: 173-181. doi:10.1002/mrd.1080300302. PMID 1793593. 

3.     ^ 服部奈緒子、大鐘潤、塩田邦郎「エピジェネティクス (PDF) 」 、『化学と生物』第44巻第12号、2006年、 841-50頁。「正誤表 (PDF) 」第45巻第1号。

4.     ^ Shi Y, Lan F, Matson C, Mulligan P, Whetstine JR, Cole PA, Casero RA, Shi Y (Dec 2004). Histone demethylation mediated by the nuclear amine oxidase homolog LSD1. Cell 119 (7): 941-953. PMID 15620353. 

5.     ^ a b Yamane K, Toumazou C, Tsukada Y, Erdjument-Bromage H, Tempst P, Wong J, Zhang Y (May 2006). “JHDM2A, a JmjC-containing H3K9 demethylase, facilitates transcription activation by androgen receptor”. Cell 125 (3): 483-495. PMID 16603237. http://old.biovip.com/topics/3/pdf/034.pdf. 

6.     ^ Koopman P, Gubbay J, Vivian N, Goodfellow P, Lovell-Badge R (1991). Male development of chromosomally female mice transgenic for SRY. Nature 351: 117-121. doi:10.1038/351117a0. PMID 2030730. 

7.     ^ S Kuroki, S Matoba, M Akiyoshi, Y Matsumura, H Miyachi, etal (Sep 2013). Epigenetic Regulation of Mouse Sex Determination by the Histone Demethylase Jmjd1a. Science 341 (6150): 1106-1109. doi:10.1126/science.1239864. 

8.     ^ Inagaki T, Tachibana M, Magoori K, Kudo H, Tanaka T, Okamura M, Naito M, Kodama T, Shinkai Y, Sakai J (Aug 2009). “Obesity and metabolic syndrome in histone demethylase JHDM2a-deficient mice”. Genes Cells 14 (8): 991-1001. doi:10.1111/j.1365-2443.2009.01326.x. PMID 19624751. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2443.2009.01326.x/full. 

全体の参考文献

関連項目

外部リンク

<img src="//ja.wikipedia.org/wiki/Special:CentralAutoLogin/start?type=1x1" alt="" title="" width="1" height="1" style="border: none; position: absolute;" />

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Jmjd1a&oldid=67316906」から取得

カテゴリ:

β-ラクタマーゼ

β-ラクタマーゼ(ベータラクタマーゼ、β-lactamase)とはβ‐ラクタム系抗生物質を加水分解する酵素である。ペニシリン/セファロスポリンアミド-β-ラクタムヒドロラーゼ (penicillincepharosporin amido-β-lactam hydrolase)とも呼ばれる。EC3.5.2.6に分類される酵素である。

幾つかの種類のグラム陰性菌がβ-ラクタマーゼを産生することでβ-ラクタムに対して耐性を示すことが知られている。なお、β-ラクタム耐性はβ-ラクタマーゼのみが原因ではなくMRSAのようにペニシリン結合タンパク質基質特異性が変化しても現れる。

現在β-ラクタマーゼは基質特異性の違いにより

·         ペニシリナーゼ (クラスA β-ラクタマーゼ)

·         メタロ-β-ラクタマーゼ (クラスB β-ラクタマーゼ、亜鉛-β-ラクタマーゼ、カルバペネマーゼ)

·         セファロスポリナーゼ (クラスC β-ラクタマーゼ)

·         オキサシリナーゼ (クラスD β-ラクタマーゼ)

が存在する[1][2][3][4]

これら4種のβ-ラクタマーゼのうち、クラスB β-ラクタマーゼは活性中心に亜鉛を持つが、他はセリン残基を持つ。ペニシリナーゼはペニシリン系抗生物質と第二世代セファロスポリンを分解するのに対して、セファロスポリナーゼは主にセファロスポリンを分解する。オキサシリナーゼはオキサシリンをも分解するペニシリナーゼであり、メタロ-β-ラクタマーゼはカルバペネム系抗生物質を分解する点に特徴がある。

β-ラクタマーゼの遺伝子は、細菌の染色体上あるいはプラスミド上に存在する。特に伝達性薬剤耐性プラスミド (drug resistance plasmid)に存在するβ-ラクタマーゼ遺伝子は菌種特異性も少なく多剤耐性菌の発生にも関与していると考えられる。

脚注

1.     ^ β-ラクタム耐性菌とその検出方法、関東化学

2.     ^ Bush, K. et. al. A functional classification scheme for β-lactamases and its correlation with molecular structure, Antimicrob Agents Chemother., 39, 1211-1233, 1995.

3.     ^ Ambler, R. P., The structure of β-lactameses, Philos Trans R Society Lond (Biol), 289, 321-331, 1980.

4.     ^ 石井良和、基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌、クレブシエラ、臨床と微生物、26121-125, 1999.

関連項目

·         クラブラン酸

·         薬剤耐性

·         ペニシリン

·         セファロスポリン

出典

·         β-ラクタマーゼ『生物学辞典』第4版、岩波書店。

·         β-ラクタマーゼについて 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

セルピン

セルピン(セリンプロテアーゼインヒビター)

Serpin (stressed).png

セルピン(白色)の"反応中心ループ"(青色)がプロテアーゼ(灰色)に結合する様子。プロテアーゼが反応を試みるとそのプロテアーゼは不可逆的に不活性化する。(PDB 1K9O)

識別子

略号

Serpin, SERPIN (root symbol of family)

Pfam

PF00079

InterPro

IPR000215

PROSITE

PDOC00256

SCOP

1hle

SUPERFAMILY

1hle

CDD

cd00172

[表示]利用可能な蛋白質構造:

Pfam

structures

PDB

RCSB PDB; PDBe; PDBj

PDBsum

structure summary

セルピン (セリンプロテアーゼインヒビターセリンプロテアーゼ阻害剤、英: Serpin) は最初にプロテアーゼ阻害効果を持つ事で同定された類似構造を持つタンパク質スーパーファミリーで、全てのの生物で発見される[1]。セルピン (serpin) の略名は元々最初に同定されたセルピンがキモトリプシン様セリンプロテアーゼに対して働く (serine protease inhibitors) ために名付けられた造語である[2][3]。特筆すべきはセルピンの珍しい活性機構であり、セルピンは立体構造の大きな変化を受ける事でプロテアーゼの活性中心を破壊し、標的を不可逆的に阻害する[4][5]。この阻害機構は他の一般的なプロテアーゼ阻害剤が競合的阻害剤で、酵素と結合して活性中心を塞ぐ事で働くのと対称的である[5][6]

セルピンによるプロテアーゼ阻害は血液凝固反応や炎症といった数々の生化学行程を制御するため、セルピンに含まれるタンパク質は医学研究の対象となる[7]。セルピンの構造変化はユニークであり、それゆえに構造生物学やタンパク質の折りたたみの解析においてもセルピンは興味深い研究対象とされる[4][5]。構造変化による阻害機構はいくつかの利点を持つが、同時に欠点も抱えており、タンパク質の折りたたみ異常や不活性の長鎖重合体の形成のようなセルピン病 (serpinopathy) を起因する変異に対し脆弱である[8][9]。セルピンの重合反応は活性を有する阻害剤の減少につながるのみならず、細胞死臓器不全をも起こしうる[7]

ほとんどのセルピンはタンパク質の分解反応を制御するが、中にはセルピンの構造を持ちながら酵素阻害剤として働かず、貯蔵卵白中のオボアルブミンのように)や、ホルモンの輸送タンパク質チロキシン結合グロブリントランスコルチン)のように運搬に関わったり、分子シャペロンヒートショックプロテイン47)として働くものもある[6]。以上のようなタンパク質は阻害剤として働かないにも関わらず、進化学的に近縁なため、セルピンという語句はセリンプロテアーゼの阻害剤以外にも使われる[1]

歴史

血漿のプロテアーゼ阻害効果は1800年代の終わりには既に報告されていたが[10]1950年代以降までアンチトロンビンアルファ1アンチトリプシンをはじめとしたセルピンは分離されていなかった[11]。セルピンに関する初期の研究はヒトの病気に焦点を当てていた。肺気腫を引き起こすアルファ1アンチトリプシン欠損症はもっとも一般的な遺伝性疾患の一つであり[8][12][13]、また、アンチトロンビンの欠損は血栓症の原因となる[14][15]

1980年代にはこれらの阻害剤が、プロテアーゼ阻害剤(例: アルファ1アンチトリプシン)と非阻害剤(例: オボアルブミン)両者を含む、相同なタンパク質スーパーファミリーの一部である事が明らかになった[16]"Serpin"の名は一般的なセルピンの効果であるセリンプロテアーゼ阻害剤 (serine protease inhibitors) に基づいた造語である[16]。同じ頃に、セルピンタンパク質は初めて立体構造が解かれ、まず弛緩型の、そして後に緊張型の構造が明らかにされた[17][18]。セルピンの構造解析はセルピンの阻害作用が立体構造の珍しい変化を伴う事を示し、その後のセルピンの研究は構造に焦点を当てたものになる[5][18]

これまでに同定された1000種類以上のセルピンには、36種のヒトのタンパク質の他、動物植物菌類細菌細菌といった全てののものが含まれ、ウイルスから同定されたものもある[19][20][21]2000年代にはセルピンスーパーファミリーを進化学的な関係から分類するための命名体系が導入された[1]。このようにセルピンはプロテアーゼ阻害剤ではもっとも巨大でもっとも多様なスーパーファミリーを形成している[22]

活性

Diagram of a serpin and protease

プロテアーゼ(灰色)がセルピンの反応中心ループ(RCL、青色)に結合する。プロテアーゼの触媒三残基(赤色)がRCL切断すると、プロテアーゼは不活性型の立体構造へと追い込まれてしまう。(PDB 1K9O)

ほとんどのセルピンはプロテアーゼの阻害剤で、細胞外のキモトリプシンセリンプロテアーゼを標的とする。これらのプロテアーゼは触媒三残基の内、求核的なセリン残基を活性部位に持っている。例としてトロンビントリプシン、ヒト好中球エラスターゼなどが挙げられよう[23]。セルピンはプロテアーゼの分解機構における中間体を捕らえることで、不可逆的に自殺型阻害剤として働く[24]

セルピンの中にはセリンプロテアーゼ以外のプロテアーゼのクラスを(典型的にはシステインプロテアーゼ)阻害するものもあり、「クラス横断型阻害剤 (cross-class inhibitors) 」と呼ばれる。セリンプロテアーゼと違うのは活性部位にセリンではなく、求核的なシステイン残基を用いる点にある[25]。標的の違いにも関わらず、酵素化学的に両者は似ており、両クラスのプロテアーゼに対するセルピンの阻害機構は同一である[26]。クラス横断型阻害剤の例として扁平上皮癌抗原1 (SCCA-1) としても知られるセルピンB4やトリのセルピンであるMENTなどがあり、この2つはいずれもパパインシステインプロテアーゼを阻害する[27][28][29]

生物学的機能と局在

プロテアーゼの阻害

ヒトのセルピンのおおよそ3分の2は細胞外で働き、血中においてプロテアーゼの機能を阻害してプロテアーゼの活性を穏やかにする。例えば細胞外セルピンは血液凝固(アンチトロンビン)、炎症免疫反応(アンチトリプシン、アンチキモトリプシンC1阻害因子)、組織修復(PAI-1)におけるタンパク質分解カスケードを制御する[6]シグナルカスケードプロテアーゼを阻害することで、セルピンは発生にも影響を与える[30][31]。ヒトのセルピンの表(下記)はヒトのセルピンの広範な役割や、セルピンの欠損に起因する疾患を示す。

細胞内で阻害効果をもつセルピンは多くの場合、複数の役割を持っているようであり、標的を同定するのは困難であった。さらに、ヒトのセルピンの多くはマウスのような実験動物において適切で機能的な相同分子が存在しない。それでも、細胞内セルピンの重要な役割は細胞内におけるプロテアーゼの不適切な活性を防止することかもしれない[32]。例えば研究が進んでいるヒトの細胞内セルピンの一つがセルピンB9であり、これは細胞毒性を持つ顆粒プロテアーゼ、グランザイムBを阻害する。そうすることでセルピンB9は不慮のグランザイムB9の放出や、時期尚早もしくは望まれない細胞死の経路の活性化を防いでいる可能性がある[33]

ウイルスの中にはセルピンを用いて宿主のプロテアーゼの機能を妨害するものもある。牛痘ウイルスのセルピン、CrmAcytokine response modifier A)は感染した宿主細胞が炎症反応やアポトーシスを起こすのを避けるために用いられる。CrmAはシステインプロテアーゼであるカスパーゼ1によるIL-1IL-18の切断を阻害する事で宿主の炎症反応を抑制し、感染性を増大する[34]真核生物では植物性のある種のセルピンがメタカスパーゼ[35]とパパイン様システインプロテアーゼの両者を阻害する[36]

非阻害的効果

非阻害的な細胞外セルピンもまた広範かつ重要な役割を持つ。サイロキシン結合グロブリントランスコルチンはそれぞれサイロキシンコルチゾールを運搬する[37][38]。非阻害性セルピンであるオボアルブミン卵白で最も豊富なタンパク質である。オボアルブミンの詳細な機能は知られていないが、胚発生における貯蔵タンパク質と考えられている[39]ヒートショックタンパク質47シャペロンコラーゲンの適切な折りたたみに必須である。このヒートショックタンパク質はコラーゲン折りたたみが行われる小胞体において、コラーゲンの三重らせんを安定化させる働きを持つ[40]

一部のセルピンはプロテアーゼ阻害機能とそれ以外の機能の両方を持つ。例えば核内システインプロテアーゼ阻害剤であるMENTは、鳥類において赤血球内のクロマチン再構成分子としても働く[28][41]

構造

Diagram of serpin states

切断を受けていないセルピンは完全な緊張状態()と部分的に弛緩した状態()の平衡状態にある。5本のストランドを持つAシート(薄青色)はセルピンの機能に重要な領域を2つ含み、それぞれbreachshutterと呼ばれる。反応中心ループ(RCL、青色)は完全に露出した立体構造(左)と部分的にAシートのbreachに取り込まれた立体構造(右)の間で動的平衡状態をとる。(PDB 1QLP)[42][43]

機能が多様であるにもかかわらず、全てのセルピンは構造(あるいは折りたたみ)を共有する。典型的には3つのβシート(それぞれABCと呼ばれる)と89個のαヘリックスhAからhIまで)を持つ[17][18]。セルピンの機能においてもっとも重要なのはAシートと反応中心ループ (reactive centre loop, RCL) である。Aシートは'shutter'と呼ばれる領域とその上部にある'breach'と呼ばれる領域を持つ、平行な2つのβストランを含む。RCLは標的となるプロテアーゼとの初期相互作用を形成する。セルピンの構造が解かれた事で、RCLは完全に露出しているか部分的にAシートに取り込まれていると示され、また、セルピンはこの2つの構造の間で動的平衡をとっていると考えられている[5]。また、RCLはセルピンの他の部位とは一過性の相互作用しか形成しないため、柔軟性が高く、溶媒に露出している[5]

これまでに決定されてきたセルピンの構造はいくつかの異なった立体構造を含み、このことはセルピンの多段階反応をによる活性を理解するために必要である。そのため、構造生物学はセルピンの機能と性状を理解する上で中心的な役割を担ってきている[5]

立体構造の変化と阻害機構

阻害型のセルピンは多くの小分子型の阻害剤(例: Kunitz型阻害剤)と違い、鍵と鍵穴の関係に例えられる典型的な競合作用によって標的となるプロテアーゼを阻害する訳ではない。セルピンは競合作用の代わりに珍しい立体構造変化を用い、それによりプロテアーゼの構造を破壊して触媒作用を停止する。立体構造の変化によってRCLはタンパク質分子の反対側へ移動し、シートAへ組み込まれ、追加の逆平行βストランドを形成する。この構造変化によりセルピンは緊張状態 (S) から、熱力学的に安定な弛緩状態 (R) へと転換する(S-R遷移)[4][5][44]

セリンプロテアーゼシステインプロテアーゼは二段階の行程を踏んでペプチド結合の切断を触媒する。最初に活性部位の三残基の触媒残基が基質のペプチド結合に対して求核攻撃を行う。これにより新たにN末端が露出し、酵素と基質の間に共有結合性のエステル結合が形成される[4]。この共有結合性の酵素基質複合体をアシル-酵素中間体acyl-enzyme intermediate、アシル酵素複合体とも[45])と呼ぶ。通常の基質の場合、このエステル結合は加水分解され、新たにC末端が露出して触媒反応が終了する。しかし、セルピンがプロテアーゼによって切断された場合、セルピンはアシル-酵素中間体が加水分解される前に急速にS-R遷移を受ける。立体構造変化の相対的反応速度がプロテアーゼによる加水分解に比べ10の数乗速いという事実によって阻害の効率が決定される[4]

この段階においてもRCLはプロテアーゼとエステル結合を通して共有結合性にくっついているため、S-R遷移はプロテアーゼをセルピン分子の上から下へ(下図参照)と移動させ、触媒三残基をねじ曲げる。ねじ曲げられたプロテアーゼはアシル酵素中間体を極めて低速にしか加水分解できず、そのためプロテアーゼは数日から数週間に渡りセルピン分子に共有結合性にくっついたままになる[24]。セルピンはこのように一分子のセルピンが一分子のプロテアーゼを永続的に不活化し、一度しか機能しないため、非可逆的阻害剤かつ自殺型阻害剤に分類される[4][45]

Conformational change diagram

セルピンの阻害機構は大きな立体構造の変化(S-R遷移)を伴う。セルピン(白色)はまず、露出されている反応中心ループ(青色)を利用してプロテアーゼ(灰色)と結合する。このループがプロテアーゼによって切断されると、RCLは速やかにAシート(薄青色)に取り込まれ、プロテアーゼの構造を変えて機能を阻害する。(PDB 1K9O)

 

 

 

 

 

 

Serpin mechanism diagram

セリンプロテアーゼシステインプロテアーゼ2段階の分解機構を持つ。最初の段階において基質(青色)は触媒三残基(赤色)のシステインないしセリンによる攻撃を受け、アシル-酵素中間体を形成する。典型的な基質の場合は中間体が加水分解を受けて分解する。しかしながら、セルピンのRCLが攻撃を受けると、立体構造の変化(青い矢印)が触媒三残基を適切な位置から引っ張り出して、触媒反応の完了を妨害してしまう。(PDB 1K9Oに基づく)

アロステリック活性化

 Diagram of serpin activation by heparin

 

ある種のセルピンは補因子による活性化を受ける。アンチトロンビンRCL(青色)はP1部位のアルギニン(青色の突出部)が内側に向いており、プロテアーゼが結合するのを防ぐ。一方、ヘパリン(緑色)が結合するとP1アルギニンが裏返って露出する。標的プロテアーゼ(灰色)は露出したP1アルギニンにも結合するが、ヘパリンにも結合する。そしてセルピンが活性化し、ヘパリンは放出される。 (PDB 2ANT)

セルピンの立体構造変化は静的な"鍵と鍵穴"型(競合阻害型)のプロテアーゼ阻害剤に対する重要な利点を与える[46]。さらに、阻害剤型のセルピンの機能は、特異的な補因子とのアロステリックな相互作用によって制御されることがある。アンチトロンビンヘパリン補因子IIMENT、およびマウスアンチキモトリプシンX線結晶構造により、これらのセルピンではRCLの最初の2つのアミノ酸がAシートの頂上部に取り込まれるような立体構造が採用されることが明らかになった。このような、RCLが部分的に本体に取り込まれた立体構造は機能的に重要であり、以上の様なセルピンは補因子と結合すると取り込まれた部位を露出させる様な、プロテアーゼと反応しやすい立体構造への構造の再構成を行う[47][48]。この立体構造の再構成によりセルピンはより効率的な阻害剤となっている。

補因子による活性化を受けるセルピンの典型的な例はアンチトロンビンであり、この分子は部分的に取り込まれた、相対的に不活性な状態で血漿中を循環している。主要特異性決定基(P1アルギニン)はセルピン分子の本体へ向いているため、プロテアーゼが利用できない。高分子であるヘパリンの内部にある高い親和性を持つペンタサッカライド(五糖)の配列がセルピンに結合すると、アンチトロンビンの立体構造が変化、RCLが反転、P1アルギニンの露出する。こうしてヘパリンのペンタサッカライドと結合したアンチトロンビンはトロンビン第Xa因子のより効果的な阻害剤となる[49][50][51]。さらに、この2つの凝固因子系プロテアーゼ、トロンビンと第Xa因子もまたヘパリンとの結合部位(エキソサイトと呼ばれる)を持つ。そのためヘパリンはプロテアーゼともセルピンとも結合し、両分子の相互作用を劇的に加速する。初期の相互作用の後、セルピンの最終的な複合体の形成が完了し、ヘパリンの部分は放出される。この相互作用は生理的に重要な役割を持つ。例えば、血管壁が損傷を受けると、ヘパリンが露出し、アンチトロンビンが活性化して凝固反応を制御する。この相互作用の分子的原理の理解により、 抗凝固薬として使われる合成ヘパリンペンタサッカライドであるフォンダパリヌクスが開発された[52][53]

潜在型の立体構造

Serpin latent state diagram

セルピンの中には自然と不活性な潜在型構造へと移行するものがある。PAI-1ビトロネクチン(緑色)と結合していると活性を有する立体構造となる。しかしビトロネクチンが無いと、PAI-1は不活性の潜在型へと変化する。切断を受けていないRCL(青色、不定領域を破線で示す)はAシートへ取り込まれ、同時にCシートのβストランドを引きずり下ろす(黄色)。(PDB 1OC0)

あるセルピンはプロテアーゼによる切断なしに自然とS-R遷移を行い、潜在型と呼ばれる立体構造をとる。潜在型のセルピンはプロテアーゼと相互作用できず、それ故もはやプロテアーゼ阻害剤として働かない。潜在型への立体構造の変化は、セルピンの切断によって起きるS-R遷移とは異なる。RCLは無傷なため、RCLが完全に組み込まれるためにはCシートの最初のストランドが剥がれなければならない[54]

潜在型への遷移の調節はPAI-1のようなある種のセルピンの制御機構として働く。PAI-1は阻害剤として働くS型構造として産生されるが、PAI-1は補因子であるビトロネクチンと結合しない限り、潜在型へ移行する事で自動的に不活化される[54]。同様に、アンチトロンビンもまた、ヘパリンによるアロステリック調節以外の予備の調節機構として自然と潜在型へ移行する事がある[55]。また、サーモアナエロバクター属の細菌が持つセルピンであるテングピンのN末端は、テングピンの活性型構造を維持するために必要である。N末端領域による相互作用を遮断することで、このセルピンは自然と潜在型構造へ立体構造を変化させる[56][57]

非阻害的機能における立体構造の変化

ある種の非阻害剤型セルピンも立体構造を変化させることでその機能を果たす。例えば、サイロキシン結合グロブリンの天然状態であるS型はサイロキシンに対し高い親和性を持つが、切断を受けたR型は親和性が低い。同様にトランスコルチンも切断後のR型より天然状態のS型の方がコンチゾールに対する親和性が高い。このようにして、上記のセルピンにおいてはRCLの切断とS-R遷移がプロテアーゼの阻害ではなくリガンドの放出に利用される[37][38][58]

セルピンの中にはS-R遷移が細胞のシグナル伝達を活性化するものもある。この場合、標的プロテアーゼと複合体を形成したセルピン分子が受容体によって認識される。そしてこのセルピン-プロテアーゼ複合体と受容体の結合が、受容体による下流シグナルへと繋がるのである[59]。そのためS-R遷移は細胞にプロテアーゼ活性の存在を警告するために使われる[59]。この事はセルピンが単純にシグナルカスケードに関与するプロテアーゼに影響を与える通常の方法と異なる[30][31]

分解

セルピンが標的プロテアーゼを阻害すると、セルピンは永続的に複合体を形成するが、この複合体は後始末を受ける必要がある。細胞外セルピンの場合、最終産物であるセルピン-酵素複合体は循環系から迅速に廃棄される。哺乳類においてこの迅速な除去を行う機構の一つは低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質 (LPR) を介したもので、このタンパク質はアンチトロンビン、PAI-1、ニューロセルピン等のセルピンによって形成される複合体と結合し、食作用を誘導する[59][60]。同様にショウジョウバエのセルピン、ネクロティック (Necrotic) はリポホリン受容体1(哺乳類のLDL受容体ファミリーの相同分子)によって細胞内に運ばれた後、ライソゾーム内で分解される[61]

疾患とセルピン病

セルピンは広範な生理機能に関与しているため、セルピン分子をコードする遺伝子における変異は様々な疾患の原因となる。セルピンの活性や特異性、凝集特性を変化させるような変異は必ずセルピンの働きに影響する。最も多く認められるセルピン関連疾患はセルピンが多量体を形成して凝集することによるものだが、他にも疾患に結びつく変異がいくつかある[5][62]αアンチトリプシン欠損症は特に多い遺伝性疾患である[8][13]

不活性や欠損

Serpin delta-conformation diagram

疾患関連アンチキモトリプシン変異体 (L55P) の不活性δ型構造。RCL4アミノ酸(青色、不定領域を破線で示す)はAシートの頂上部に取り込まれる。αヘリックスF(黄色)の部分的にほぐれた領域がAシートの下部半分を埋める。(PDB 1QMN)

堅く折りたたまれたセルピンは高エネルギー状態にあるため、変異はセルピンが正しく阻害作用を示す前に、セルピンの立体構造を容易に低エネルギーの立体構造(弛緩型構造や潜在型構造)へと変化させてしまう[7]

RCLAシートへの取り込み頻度や範囲に影響する変異は、セルピンがプロテアーゼと接触する前に立体構造のS-R遷移を起こす原因となる。セルピン分子はこの立体構造の変化を一度しか行えないため、結果として生じる不発のセルピン分子は不活性となり、標的プロテアーゼを適切に制御することができなくなる[7][63]。同様に、単量体の潜在型構造への不適切な遷移を促進する変異も、活性化セルピンの量を減らすため疾患の原因となり得る。例えばアンチトロンビンの疾患関連多型であるwobble型やwobble[64]は両者とも潜在型構造の形成を促進する。

アンチトリプシンの疾患関連変異 (L55P) は上記以外の不活性構造、「δ型立体構造」の存在を明らかにした。δ型立体構造においてはRCL4つのアミノ酸が、シートAの頂上部へ取り込まれる。シートAの下部はαヘリックスの一つ、Fヘリックスが部分的にβストランドへ構造変化を起こすことで埋められ、βシートの水素結合を補完する[65]。アンチトリプシン以外のセルピンがこの異性体型をとることができるか、またδ型構造が機能的役割をもつかどうかは明らかでないが、サイロキシン結合グロブリンはサイロキシンの放出時にδ型構造をとる可能性があると推測されている[38]。非阻害剤型セルピンが変異を起こした場合も疾患の原因となりうる。例えばSERPINF1の変異はヒトのIV骨形成不全症の原因となる[66]

本来必要なセルピンが無い場合、通常抑制されているプロテアーゼが過剰に活性化し、セルピン病(セルピノパシー)へと移行する[7]。従ってセルピンの単純な欠損(例:欠損変異)は疾患を生じる[67]マウスにおいては、セルピンが無い場合の影響からセルピンの通常の機能を実験的に決定するために、遺伝子ノックアウトが用いられる[68]

特異性の変化

稀にセルピンのRCL内部における1アミノ酸の変化により、セルピンの特異性が変化して、間違ったプロテアーゼを標的としてしまう事がある。例えばアンチトリプシン-ピッツバーグ変異 (M358R) α1アンチトリプシンの標的をトリプシンからトロンビンに変えてしまい、出血性疾患の原因となる[69]

多量体化と凝集

ドメイン交換によるセルピンの多量体形成

Diagram of a domain-swapped serpin dimer

ドメイン交換により生じたセルピン二量体。 (PDB 2ZNH)

Diagram of a domain-swapped serpin trimer

ドメイン交換により生じたセルピン三量体。各単量体のRCLは自身の分子内に取り込まれる(緑色の単量体の赤色で示された部分)。 (PDB 3T1P)

ほとんどのセルピン疾患はタンパク質の凝集によるもので、「セルピン病」と呼ばれる[9][65]。本質的に不安的な構造のため、セルピンは折りたたみ異常を促進する疾患起因変異に対し脆弱である[65]。よく研究されているセルピン病に、家族性の肺気腫や時に肝硬変を引き起こすα1アンチトリプシン欠損症アンチトロンビン欠損症関連の家族性血栓症C1阻害剤欠損症による1型および2型の遺伝性血管性浮腫 (HAE)、およびニューロセルピンの封入対形成を伴う家族性脳症(FENIB; ニューロセルピンの多量体形成に起因する稀な認知症)などが含まれる[8][9][70][71]

セルピン単量体の凝集は不活性の弛緩型立体構造(RCLAシートに取り込まれた状態)をとる。それゆえ多量体は温度に対し極めて安定で、プロテアーゼを阻害できない。そのためセルピン病は2つの主要原理によって他のタンパク質病(プロテオパシー、例:プリオン病)と似た病理を示す[8][9]。まず、活性化セルピンの欠失はプロテアーゼの暴走と組織破壊を起こす。次に、超安定多量体自身もセルピンを代謝する小胞体を妨害し、結果的に細胞死と組織損傷を起こす。アンチトリプシン欠損症ではアンチトリプシンの多量体が肝細胞の細胞死を引き起こし、肝臓の破壊と肝硬変の原因となる。細胞内でセルピン多量体は小胞体における分解を受けて徐々に除去される[72]。しかし、セルピン多量体が細胞死を起こす詳細な機構はいまだ完全には理解されていない[8]

セルピン多量体は、生理的にはドメイン交換現象によって生じると考えられている。この現象においてはセルピン分子の一部分が他のセルピン分子に取り込まれる[73]。ドメイン交換は変異や環境因子がセルピンが天然状態の構造へと折りたたまれる行程における最終段階を妨害し、高エネルギー中間体の折りたたみ異常を起こす事で発生する[74]。これまでに二量体三量体の両者についてドメイン交換構造が解かれてきた。まず、(アンチトロンビンの)二量体においてはRCLAシートの一部が他方のセルピン分子に組み込まれる[73]。一方、(アンチトリプシンの)ドメイン交換型三量体は二量体とは全く異なり、Bシートの交換によって多量体が形成され、各分子中のRCLは自身のAシートに取り込まれる[75]。また、セルピンがRCLを他方のAシートに挿入することでドメイン交換構造を形成する可能性(Aシート多量体化)も提案されている[70][76]。以上のようなドメイン交換により生じる二量体構造や三量体構造は疾患関連多量体凝集の塊を作ると考えられているが、正確な原理は未だ明らかでない[73][74][75][77]

治療戦略

最も普遍的なセルピン病、アンチトリプシン欠損症の治療のために、いくつかの治療方針が実用、あるいは研究されている[8]。アンチトリプシン増強療法は重度のアンチトリプシン欠損症関連肺気腫に適用される[78]。最初にProlastinとして市販されたこの治療薬は、アンチトリプシンをドナーの血漿から精製したもので、経静脈投与により使用される[8][79]。また、重度のアンチトリプシン関連疾患においては肺と肝臓の移植が効果的であると証明されている[8][80]。動物実験ではiPS細胞に対する遺伝子療法がアンチトリプシン多量体形成による欠乏を改善し、肝臓による活性アンチトリプシンの産生能を回復する事に成功している[81]。他にin vitroでアンチトリプシン多量体形成を遮断する小分子の開発が行われている[82][83]

遺伝子名

一般名

局在

機能 / 活性[6][68]

欠損動物の表現型[6][68]

ヒトの関連疾患

染色体上の位置

タンパク質構造

SERPINA1

α1アンチトリプシン

細胞外

ヒト好中球エラスターゼの阻害剤[86]。切断を受けたSERPINA1C末端断片はHIV-1の感染を防ぐかもしれない[87]

欠損は肺気腫を、多量体形成は肝硬変を引き起こす(セルピン病)[8][88]

14q32.1

1QLP, 7API, 1D5S

SERPINA2

アンチトリプシン関連タンパク質

細胞外

偽遺伝子の可能性あり[89]

14q32.1

SERPINA3

α1アンチキモトリプシン

細胞外

カテプシンGの阻害剤[90]。肝細胞においては染色体凝縮の役割も[91]

調節異常はアルツハイマー病の原因(セルピン病)[92]

14q32.1

1YXA, 2ACH

SERPINA4

キリスタチン

細胞外

カリクレイン阻害剤で血管の機能を調節[93][94]

高血圧ラットにおける欠損は腎臓や心血管系の損傷を悪化させる[95]

14q32.1

SERPINA5

プロテインC阻害剤

細胞外

活性化プロテインCの阻害剤[96]。細胞内で細菌の食作用を防止する役割[97]

オスのマウスでのノックアウトは不妊を起因する[98]多発性硬化症においては慢性活動性脱髄巣内に集積[99]

14q32.1

2OL2, 3B9F

SERPINA6

トランスコルチン

細胞外

非阻害剤。コルチゾールと結合[37]

欠損は慢性疲労と関連[100]

14q32.1

2V6D, 2VDX, 2VDY

SERPINA7

サイロキシン結合グロブリン

細胞外

非阻害剤。サイロキシンと結合[38]

欠損は低サイロキシン症の原因[101][102]

Xq22.2

2CEO, 2RIV, 2RIW

SERPINA8

アンギオテンシノーゲン

細胞外

非阻害剤で、レニンよって切断される事でアンギオテンシンIを生じる[103]

マウスのノックアウトは低血圧を生じる[104]

変異は低血圧と関連[105][106][107]

1q42-q43

2X0B, 2WXW, 2WXX, 2WXY, 2WXZ, 2WY0, 2WY1

SERPINA9

センテリン / GCET1

細胞外

阻害剤でナイーブB細胞を管理[108][109]

多くのB細胞性リンパ腫で発現量増加[110][111]

14q32.1

SERPINA10

プロテインZ関連プロテイナーゼ阻害剤

細胞外

プロテインZと結合して第Xa因子と第XI因子を不活化[112]

14q32.1

3F1S, 3H5C

SERPINA11

おそらく細胞外

不明

14q32.13

SERPINA12

バスピン

細胞外

カリクレイン7の阻害剤。インシュリン感作性アディポサイトカイン[113]

血漿中の高濃度バスピンは2型糖尿病と関連[114]

14q32.1

4IF8

SERPINA13

おそらく細胞外

不明

14q32

SERPINB1

単球好中球エラスターゼ阻害剤

細胞内

好中球エラスターゼの阻害剤[115]

マウスでのノックアウトは好中球の生存率低下と免疫不全を起因する[116]

6p25

1HLE

SERPINB2

プラスミノーゲン活性化因子阻害剤

細胞内 / 細胞外

細胞外uPA の阻害剤。細胞内の機能は不明だがウイルス感染を防ぐ可能性がある[117]

マウスでの欠損により線虫に体する免疫応答が低下[118]。マウスでのノックアウトは何の表現型も示さない[119]

18q21.3

1BY7

SERPINB3

SCCA-1

細胞内

パパイン様システインプロテアーゼ[27]とカテプシンKLS[120][121]の阻害剤。

マウスにおけるSerpinb3a(ヒトのSERPINB3およびSERPINB4両者のホモログ)の欠損は、気管支喘息の実験モデルで粘液産生を減少させる[122]

18q21.3

2ZV6

SERPINB4

SCCA-2

細胞内

キモトリプシン様セリンプロテアーゼであるカテプシンGおよびキマーゼの阻害剤[121][123]

マウスにおけるSerpinb3a(ヒトのSERPINB3およびSERPINB4両者のホモログ)の欠損は、気管支喘息の実験モデルで粘液産生を減少させる[122]

18q21.3

SERPINB5

マスピン

細胞内

非阻害剤、機能不明[124][125][126] (マスピンも参照)

当初マウスでのノックアウトは致死性と報告されたが[127]、その後何の表現型も示さない事が示された[126]。マスピンの発現は近傍のがん抑制遺伝子(脱リン酸化酵素PHLPP1)の発現を反映する予後指標になるかもしれない[126]

18q21.3

1WZ9

SERPINB6

PI-6

細胞内

カテプシンGの阻害剤[128]

マウスでのノックアウトは聴覚喪失[129]および軽度の好中球減少症を起因[130]

欠損は聴覚欠損と関連[131]

6p25

SERPINB7

メグシン

細胞内

巨核球の成熟に関与[132]

マウスでの過剰発現は腎臓病を起因[133]。マウスでのノックアウトは組織学的な異常を来さない[133]

変異は長島型掌蹠角皮症と関連[134]

18q21.3

SERPINB8

PI-8

細胞内

フーリンの阻害剤かもしれない[135]

18q21.3

SERPINB9

PI-9

細胞内

細胞毒性顆粒プロテアーゼであるグランザイムBの阻害剤[136]

マウスでのノックアウトは免疫不全を起因[137][138]

6p25

SERPINB10

ボマピン

細胞内

不明[139]

マウスでのノックアウトは何の表現型も示さない(C57/BL6; 実験動物 BC069938)

18q21.3

SERPINB11

細胞内

不明[140]

ネズミのSerpinb11は活性を持つ阻害剤だがヒトの相同分子は不活性である[140]。ポニーでの欠損は蹄壁分離病と関連[141]

18q21.3

SERPINB12

ユコピン

細胞内

不明[142]

18q21.3

SERPINB13

フルピン/ ヘッドピン

細胞内

パパイン様システインプロテアーゼの阻害剤[143]

18q21.3

SERPINC1

アンチトロンビン

細胞外

凝固因子の阻害剤で、特に第X因子第IX因子、およびトロンピンに対して働く[46]

マウスでのノックアウトは致死性[144]

欠損により血栓症や他の凝固異常に(セルピン病)[15][145]

1q23-q21

2ANT, 2ZNH, 1AZX, 1TB6, 2GD4, 1T1F

SERPIND1

ヘパリン補因子II

細胞外

トロンビンの阻害剤[146]

マウスでのノックアウトは致死性[147]

22q11

1JMJ, 1JMO

SERPINE1

プラスミノーゲン活性化因子阻害剤1

細胞外

トロンビン、uPATPaの阻害剤[148]

7q21.3-q22

1DVN, 1OC0

SERPINE2

グリア由来ネキシン / プロテアーゼネキシンI

細胞外

uPATPaの阻害剤[149]

異常発現によりオスの不妊に繋がる[150]。ノックアウトはてんかんを起因[151]

2q33-q35

4DY0

SERPINF1

PEDF

細胞外

非阻害剤、血管新生阻害分子の可能性あり[152]PEDFはグリコサミノグリカンであるヒアルロナンと結合する事が報告されている[153]

マウスでのノックアウトは血管系や、膵臓と前立腺の質量に影響[152]。成体における[Notchシグナリング[Notch依存的]]脳室神経幹細胞による神経新生を促進[154]。ヒトでの変異はVI骨形成不全症を起こす[66]

17p13.3

1IMV

SERPINF2

α2アンチプラスミン

細胞外

プラスミン阻害剤で線維素溶解を阻害[155]

マウスでのノックアウトは線維素溶解を増強するが、繁殖障害は示さない[156]

欠損により稀な出血異常を起こす[157][158]

17pter-p12

2R9Y

SERPING1

C1阻害剤

細胞外

C1エラスターゼの阻害剤[159]

特定の変異が加齢黄斑変性[160]や遺伝性血管性浮腫[161]と関連。

11q11-q13.1

2OAY

SERPINH1

HSP47

細胞内

非阻害剤、コラーゲンの折りたたみにおける分子シャペロン[40]

マウスでのノックアウトは致死性[162]

ヒトでの変異は重度の骨形成不全症を起因[163][164]

11p15

4AXY

SERPINI1

ニューロセルピン

細胞外

tPAuPA、およびプラスミンの阻害剤[165]

変異はFENIB認知症を起因(セルピン病)[166][167]

3q26

1JJO, 3FGQ, 3F5N, 3F02

SERPINI2

パンクピン

細胞外

不明[168]

マウスでの欠損は腺房中心細胞の減少を通じた膵臓の機能不全を起因[169]

3q26

進化

セルピンはプロテアーゼ阻害剤の中で最も普遍的でかつ最大のスーパーファミリーである[1][22]。最初は真核生物のみが持つものと信じられていたが、後に細菌古細菌、さらにある種のウイルスからも発見されている[19][20][84]。ただし、原核生物のセルピン遺伝子が祖先から受け継がれたものか、それとも真核生物から水平伝播によって獲得されたものなのかは明らかでない。植物性のものも動物性のものも、ほとんどの細胞内セルピンは系統学的に単一クレードに属することから、細胞内セルピンと細胞外セルピンは植物と動物の分岐の後に分化した可能性がある[85]。例外の一つに細胞内ヒートショックタンパク質であるHSP47があり、この分子はコラーゲンの適切な折りたたみに必須のシャペロンで、シス-ゴルジ体小胞体間を循環する[40]

プロテアーゼ阻害作用は古来から伝わる機能で、非阻害型のセルピンは進化学的な新機能獲得の結果と考えられている。S-R立体構造遷移は結合型セルピンの標的に対する親和性を調節するように適合した[38]

分布

動物のセルピン

哺乳類

ヒト

ヒトのゲノムは16のセルピン分子のクレードをコードし、それぞれserpinAからserpinPまでの命名がされている16のクレードは29個の阻害型セルピンと7個の非阻害型セルピンを含む[6][68]。ヒトのセルピンは2001年から500個のセルピンの系統解析に基づいた命名系を持ち、例えばserpinXYというタンパク質はXクレードでY番目に命名されたタンパク質である事を意味する[1][19][68]。ヒトのセルピンの機能は生化学的研究、ヒトの遺伝性疾患、およびノックアウトマウスの実験系の知見を統合することで決定された[68]

ヒトのセルピンの一覧
特定の哺乳類のセルピン

哺乳類のセルピンの多くは、ヒトのセルピンと何の相同性も持たない事が明らかにされてきた。多数の齧歯類のセルピン(特にネズミが持つ細胞内セルピン一部)や子宮セルピンが例として挙げられよう。子宮セルピンはSERPINA14遺伝子によってコードされるAクレードに属するセルピンである。子宮セルピンはローラシアテリアの哺乳類の内、一部の動物種の子宮内膜プロゲステロンないしエストロゲンの影響下で産生する[170]。おそらく、子宮セルピンは機能的なプロテアーゼ阻害剤ではなく、妊娠期の胚、胎児に対する母体の免疫応答を阻害したり、胎盤を介した輸送に関与したりする機能を持っているのだろう[171]

昆虫

キイロショウジョウバエのゲノムは29のセルピン遺伝子を持つ。アミノ酸配列の解析から14のセルピンがクレードQに、3つがクレードKに分類されているが、残りの12は孤立しており、特定のクレードに分類されていない[172]。クレード分類体系をショウジョウバエのセルピンに対して用いるのは難しく、代わりにショウジョウバエの染色体上の位置に基づく、専門的な命名体系が適用されている。ショウジョウバエのセルピン遺伝子のうち13はゲノム上に孤立して存在している(Serpin-27Aを含む。下記参照。)。 一方で残りの165つのクラスターを形成し、それぞれ染色体28D2個)、42D5個)、43A4個)、77B3個)、88E2個)上に位置する[172][173][174]

ショウジョウバエセルピンの研究によりSerpin-27AEasterプロテアーゼ(タンパク質分解カスケードの最終段階を担う)を阻害し、背腹軸形成を制御する事が明らかになった。EasterプロテアーゼはSpätzle(ケモカイン型リガンド)を切断する機能を持ち、Spätzleの切断はtoll依存性のシグナル伝達に繋がる。パターン形成における中心的な役割と共に、tollのシグナル伝達系は昆虫の自然免疫応答においても重要である。よってserpin-A27は昆虫の免疫応答を制御する機能も持つ[31][175][176]。巨大な甲虫であるTenebrio molitorにおいてはあるタンパク質 (SPN93) が、セルピン全体をドメインとする構造を二重に持ち、tollのタンパク質分解カスケードを調節している[177]

線虫

線虫の一種、C. elegansのゲノムはセルピンを9つ持ち、全てがシグナル配列を欠くため細胞内タンパク質のようである[178]。しかし、9つの内、プロテアーゼ阻害剤として働くのはわずか5つのであろう[178]。プロテアーゼ阻害機能を持つセルピンの一つ、SPR-6は防御機能を持ち、ストレス性のカルパイン関連リソソーム崩壊から虫体を守る。さらにSRP-6は破裂したリソソームから放出されるシステインプロテアーゼを阻害する。そのため、SRP-6欠損線虫はストレスに対して感受性である。SRP-6の欠損線虫が水中で死んでしまう(低浸透圧ストレス致死性表現型)点は特に重要である。そのためリソソームが細胞の運命を決定する上で一般的で制御可能な役割を持つと言われてきている[179]

植物のセルピン

植物のセルピンは哺乳類のキモトリプシン様セリンプロテアーゼをin vitroで阻害できる事があり、大麦セルピンZx (BSZx) がその代表例である。このタンパク質はヒトのトリプシン、キモトリプシン、そして数種の凝固因子を阻害する事ができる[180]。しかしながらキモトリプシン様セリンプロテアーゼに近縁なタンパク質は植物に存在しない。小麦やライ麦のセルピンのRCLは胚乳のプロラミン貯蔵タンパク質で見られるようなポリQの繰り返し配列を含む[181][182]。そのため植物のセルピンは、貯蔵タンパク質を消化してしまう、昆虫や微生物のプロテアーゼを阻害する働きを持つ可能性が指摘されている。この仮説を支持する知見として、独特な植物セルピンがカボチャ (CmPS-1) [183]とキュウリの師管液から同定された[184][185]CmPS-1の発現量増加とアブラムシの生存率の間には負の相関が観察されるが、試験管内で給餌する実験系においては組換えCmPS-1は昆虫の生存に影響しないようである[183]

植物セルピンの他の役割と標的プロテアーゼも提案されてきた。シロイヌナズナ属のセルピン、AtSerpin1 (At1g47710; 3LE2) はパパイン様システインプロテアーゼである'Responsive to Desiccation-21' (RD21) を標的とすることでプログラム細胞死における設定値の調節を行っている[36][186]AtSerpin1はまたin vitroでメタカスパーゼ様プロテアーゼに対しても阻害効果を持つ[35]。他にもAtSRP2 (At2g14540) AtSRP3 (At1g64030) DNA損傷への応答に関わるようである[187]

真菌のセルピン

これまでに機能が明らかにされた真菌のセルピンは一つのみである。ネオカリマスティクスPiromyces spp. E2株から発見されたセルピン (celpin) である。Piromycesは反芻動物の腸に生息する、植物の代謝に重要な嫌気性真菌の名である。セルピン (celpin) は阻害機能を持ち、セルピンの構造の他にさらにN末端にドックリンドメインを2つを持つと予想される。ドックリンは、セルロースを分解する巨大細胞外タンパク質複合体である、真菌のセルロソームに内在するタンパク質が普遍的に持つ構造である[21]。そのためセルピン (celpin) はセルロソームを植物のプロテアーゼから保護していると考えられている。ある種の細菌のセルピンも同様にセルロソームに内在している[188]

原核生物のセルピン

予想セルピン遺伝子は原核生物の種の間で散発的に分布している。In vitroの研究は原核生物のセルピンがプロテアーゼを阻害できる事を明らかにしており、これらの分子がin vivoでも同様の機能を持つことを示唆している。原核生物のセルピンは極限環境微生物からも発見されている。哺乳類のセルピンと対照的に、極限環境微生物から同定されるセルピンは熱分解に高い抵抗性を示す[189][190]。細菌のセルピンの正確な役割は未だ不明だが、Clostridium thermocellumのセルピンはセルロソーム内に存在する。セルロソーム関連セルピンに関してはセルロソームを対象とした不適切なプロテアーゼの働きを防止している可能性が指摘されている[188]

ウイルスのセルピン

ウイルスもまた、宿主の免疫系による防御を回避するためにセルピンを発現する[191]。特に、牛痘ウイルス(ワクシニアウイルス)や兎粘液腫ウイルス(ミクソーマウイルス)を含むポックスウイルスが発現するセルピンは、自己免疫疾患や炎症性疾患、さらに移植療法における新規治療戦略となる可能性があるために興味深いものとなっている[192][193]Serp1TLR依存的自然免疫反応を抑制し、ラットの実験において同種心臓移植後の無期限の生存期間を可能にする[192][193][194]CrmaSerp2はクラス横断型阻害剤で、いずれもセリンプロテアーゼ(グランザイムB;効果は微弱)とシステインプロテアーゼ(カスパーゼ1とカスパーゼ8)の両者を標的とする[195][196]。哺乳類の相同分子と比較するとウイルスのセルピンは二次構造を明らかに欠損している。特にcrmAAヘリックスおよびEヘリックスの大半とDヘリックスを欠いている[197]

出典

1.     ^ a b c d e Silverman GA, Bird PI, Carrell RW, Church FC, Coughlin PB, Gettins PG, Irving JA, Lomas DA, Luke CJ, Moyer RW, Pemberton PA, Remold-O'Donnell E, Salvesen GS, Travis J, Whisstock JC (September 2001). The serpins are an expanding superfamily of structurally similar but functionally diverse proteins. Evolution, mechanism of inhibition, novel functions, and a revised nomenclature. The Journal of Biological Chemistry 276 (36): 332936. doi:10.1074/jbc.R100016200. PMID 11435447. 

2.     ^ Silverman GA, Whisstock JC, Bottomley SP, Huntington JA, Kaiserman D, Luke CJ, Pak SC, Reichhart JM, Bird PI (August 2010). “Serpins flex their muscle: I. Putting the clamps on proteolysis in diverse biological systems”. The Journal of Biological Chemistry 285 (32): 24299305. doi:10.1074/jbc.R110.112771. PMC 2915665. PMID 20498369. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2915665. 

3.     ^ Whisstock JC, Silverman GA, Bird PI, Bottomley SP, Kaiserman D, Luke CJ, Pak SC, Reichhart JM, Huntington JA (August 2010). “Serpins flex their muscle: II. Structural insights into target peptidase recognition, polymerization, and transport functions”. The Journal of Biological Chemistry 285 (32): 2430712. doi:10.1074/jbc.R110.141408. PMC 2915666. PMID 20498368. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2915666. 

4.     ^ a b c d e f Gettins PG (December 2002). Serpin structure, mechanism, and function. Chemical Reviews 102 (12): 4751804. doi:10.1021/cr010170. PMID 12475206. 

5.     ^ a b c d e f g h i Whisstock JC, Bottomley SP (December 2006). Molecular gymnastics: serpin structure, folding and misfolding. Current Opinion in Structural Biology 16 (6): 7618. doi:10.1016/j.sbi.2006.10.005. PMID 17079131. 

6.     ^ a b c d e f Law RH, Zhang Q, McGowan S, Buckle AM, Silverman GA, Wong W, Rosado CJ, Langendorf CG, Pike RN, Bird PI, Whisstock JC (2006). “An overview of the serpin superfamily”. Genome Biology 7 (5): 216. doi:10.1186/gb-2006-7-5-216. PMC 1779521. PMID 16737556. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1779521. 

7.     ^ a b c d e Stein PE, Carrell RW (February 1995). What do dysfunctional serpins tell us about molecular mobility and disease?. Nature Structural Biology 2 (2): 96113. doi:10.1038/nsb0295-96. PMID 7749926. 

8.     ^ a b c d e f g h i j Janciauskiene SM, Bals R, Koczulla R, Vogelmeier C, Köhnlein T, Welte T (August 2011). The discovery of α1-antitrypsin and its role in health and disease. Respiratory Medicine 105 (8): 112939. doi:10.1016/j.rmed.2011.02.002. PMID 21367592. 

9.     ^ a b c d Carrell RW, Lomas DA (July 1997). Conformational disease. Lancet 350 (9071): 1348. doi:10.1016/S0140-6736(97)02073-4. PMID 9228977. 

10.  ^ Fermi, C; Personsi, L (1984). Untersuchungen uber die enzyme, Vergleichende Studie (German). Z Hyg Infektionskr (18): 8389. 

11.  ^ Schultz, H; Guilder, I; Heide, K; Schoenenberger, M; Schwick, G (1955). Zur Kenntnis der alpha-globulin des menschlichen normal serums (German). Naturforsch (10): 463. 

12.  ^ Laurell CB, Eriksson S (2013). The electrophoretic α1-globulin pattern of serum in α1-antitrypsin deficiency. 1963. Copd 10 Suppl 1: 38. doi:10.3109/15412555.2013.771956. PMID 23527532. 

13.  ^ a b de Serres, Frederick J. (1 November 2002). Worldwide Racial and Ethnic Distribution of α-Antitrypsin Deficiency. CHEST Journal 122 (5): 18181829. doi:10.1378/chest.122.5.1818. 

14.  ^ Egeberg O (June 1965). Inherited antithrombin deficiency causing thrombophilia. Thrombosis Et Diathesis Haemorrhagica 13: 51630. PMID 14347873. 

15.  ^ a b Patnaik MM, Moll S (November 2008). Inherited antithrombin deficiency: a review. Haemophilia 14 (6): 122939. doi:10.1111/j.1365-2516.2008.01830.x. PMID 19141163. 

16.  ^ a b Hunt LT, Dayhoff MO (July 1980). A surprising new protein superfamily containing ovalbumin, antithrombin-III, and alpha 1-proteinase inhibitor. Biochemical and Biophysical Research Communications 95 (2): 86471. doi:10.1016/0006-291X(80)90867-0. PMID 6968211. 

17.  ^ a b Loebermann H, Tokuoka R, Deisenhofer J, Huber R (August 1984). Human alpha 1-proteinase inhibitor. Crystal structure analysis of two crystal modifications, molecular model and preliminary analysis of the implications for function. Journal of Molecular Biology 177 (3): 53157. doi:10.1016/0022-2836(84)90298-5. PMID 6332197. 

18.  ^ a b c Stein PE, Leslie AG, Finch JT, Turnell WG, McLaughlin PJ, Carrell RW (September 1990). Crystal structure of ovalbumin as a model for the reactive centre of serpins. Nature 347 (6288): 99102. doi:10.1038/347099a0. PMID 2395463. 

19.  ^ a b c Irving JA, Pike RN, Lesk AM, Whisstock JC (December 2000). Phylogeny of the serpin superfamily: implications of patterns of amino acid conservation for structure and function. Genome Research 10 (12): 184564. doi:10.1101/gr.GR-1478R. PMID 11116082. 

20.  ^ a b Irving JA, Steenbakkers PJ, Lesk AM, Op den Camp HJ, Pike RN, Whisstock JC (November 2002). Serpins in prokaryotes. Molecular Biology and Evolution 19 (11): 188190. doi:10.1093/oxfordjournals.molbev.a004012. PMID 12411597. 

21.  ^ a b Steenbakkers PJ, Irving JA, Harhangi HR, Swinkels WJ, Akhmanova A, Dijkerman R, Jetten MS, van der Drift C, Whisstock JC, Op den Camp HJ (August 2008). A serpin in the cellulosome of the anaerobic fungus Piromyces sp. strain E2. Mycological Research 112 (Pt 8): 9991006. doi:10.1016/j.mycres.2008.01.021. PMID 18539447. 

22.  ^ a b Rawlings ND, Tolle DP, Barrett AJ (March 2004). “Evolutionary families of peptidase inhibitors”. The Biochemical Journal 378 (Pt 3): 70516. doi:10.1042/BJ20031825. PMC 1224039. PMID 14705960. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1224039. 

23.  ^ Barrett AJ, Rawlings ND (April 1995). Families and clans of serine peptidases. Archives of Biochemistry and Biophysics 318 (2): 24750. doi:10.1006/abbi.1995.1227. PMID 7733651. 

24.  ^ a b Huntington JA, Read RJ, Carrell RW (October 2000). Structure of a serpin-protease complex shows inhibition by deformation. Nature 407 (6806): 9236. doi:10.1038/35038119. PMID 11057674. 

25.  ^ Barrett AJ, Rawlings ND (May 2001). Evolutionary lines of cysteine peptidases. Biological Chemistry 382 (5): 72733. doi:10.1515/BC.2001.088. PMID 11517925. 

26.  ^ Irving JA, Pike RN, Dai W, Brömme D, Worrall DM, Silverman GA, Coetzer TH, Dennison C, Bottomley SP, Whisstock JC (April 2002). Evidence that serpin architecture intrinsically supports papain-like cysteine protease inhibition: engineering alpha(1)-antitrypsin to inhibit cathepsin proteases. Biochemistry 41 (15): 49985004. doi:10.1021/bi0159985. PMID 11939796. 

27.  ^ a b Schick C, Brömme D, Bartuski AJ, Uemura Y, Schechter NM, Silverman GA (November 1998). “The reactive site loop of the serpin SCCA1 is essential for cysteine proteinase inhibition. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 95 (23): 1346570. doi:10.1073/pnas.95.23.13465. PMC 24842. PMID 9811823. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=24842. 

28.  ^ a b McGowan S, Buckle AM, Irving JA, Ong PC, Bashtannyk-Puhalovich TA, Kan WT, Henderson KN, Bulynko YA, Popova EY, Smith AI, Bottomley SP, Rossjohn J, Grigoryev SA, Pike RN, Whisstock JC (July 2006). “X-ray crystal structure of MENT: evidence for functional loop-sheet polymers in chromatin condensation”. The EMBO Journal 25 (13): 314455. doi:10.1038/sj.emboj.7601201. PMC 1500978. PMID 16810322. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1500978. 

29.  ^ Ong PC, McGowan S, Pearce MC, Irving JA, Kan WT, Grigoryev SA, Turk B, Silverman GA, Brix K, Bottomley SP, Whisstock JC, Pike RN (December 2007). DNA accelerates the inhibition of human cathepsin V by serpins. The Journal of Biological Chemistry 282 (51): 369806. doi:10.1074/jbc.M706991200. PMID 17923478. 

30.  ^ a b Acosta H, Iliev D, Grahn TH, Gouignard N, Maccarana M, Griesbach J, Herzmann S, Sagha M, Climent M, Pera EM (March 2015). The serpin PN1 is a feedback regulator of FGF signaling in germ layer and primary axis formation. Development 142 (6): 114658. doi:10.1242/dev.113886. PMID 25758225. 

31.  ^ a b c Hashimoto C, Kim DR, Weiss LA, Miller JW, Morisato D (December 2003). Spatial regulation of developmental signaling by a serpin. Developmental Cell 5 (6): 94550. doi:10.1016/S1534-5807(03)00338-1. PMID 14667416. 

32.  ^ Bird PI (February 1999). Regulation of pro-apoptotic leucocyte granule serine proteinases by intracellular serpins. Immunology and Cell Biology 77 (1): 4757. doi:10.1046/j.1440-1711.1999.00787.x. PMID 10101686. 

33.  ^ Bird CH, Sutton VR, Sun J, Hirst CE, Novak A, Kumar S, Trapani JA, Bird PI (November 1998). Selective regulation of apoptosis: the cytotoxic lymphocyte serpin proteinase inhibitor 9 protects against granzyme B-mediated apoptosis without perturbing the Fas cell death pathway. Molecular and Cellular Biology 18 (11): 638798. doi:10.1128/mcb.18.11.6387. PMID 9774654. 

34.  ^ Ray CA, Black RA, Kronheim SR, Greenstreet TA, Sleath PR, Salvesen GS, Pickup DJ (May 1992). Viral inhibition of inflammation: cowpox virus encodes an inhibitor of the interleukin-1 beta converting enzyme. Cell 69 (4): 597604. doi:10.1016/0092-8674(92)90223-Y. PMID 1339309. 

35.  ^ a b Vercammen D, Belenghi B, van de Cotte B, Beunens T, Gavigan JA, De Rycke R, Brackenier A, Inzé D, Harris JL, Van Breusegem F (December 2006). Serpin1 of Arabidopsis thaliana is a suicide inhibitor for metacaspase 9. Journal of Molecular Biology 364 (4): 62536. doi:10.1016/j.jmb.2006.09.010. PMID 17028019. 

36.  ^ a b Lampl N, Budai-Hadrian O, Davydov O, Joss TV, Harrop SJ, Curmi PM, Roberts TH, Fluhr R (April 2010). “Arabidopsis AtSerpin1, crystal structure and in vivo interaction with its target protease responsive to desiccation (RD21)”. The Journal of Biological Chemistry 285 (18): 1355060. doi:10.1074/jbc.M109.095075. PMC 2859516. PMID 20181955. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2859516. 

37.  ^ a b c Klieber MA, Underhill C, Hammond GL, Muller YA (October 2007). Corticosteroid-binding globulin, a structural basis for steroid transport and proteinase-triggered release. The Journal of Biological Chemistry 282 (40): 29594603. doi:10.1074/jbc.M705014200. PMID 17644521. 

38.  ^ a b c d e Zhou A, Wei Z, Read RJ, Carrell RW (September 2006). “Structural mechanism for the carriage and release of thyroxine in the blood”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103 (36): 133216. doi:10.1073/pnas.0604080103. PMC 1557382. PMID 16938877. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1557382. 

39.  ^ Huntington JA, Stein PE (May 2001). Structure and properties of ovalbumin. Journal of Chromatography. B, Biomedical Sciences and Applications 756 (1-2): 18998. doi:10.1016/S0378-4347(01)00108-6. PMID 11419711. 

40.  ^ a b c Mala JG, Rose C (November 2010). Interactions of heat shock protein 47 with collagen and the stress response: an unconventional chaperone model?. Life Sciences 87 (19-22): 57986. doi:10.1016/j.lfs.2010.09.024. PMID 20888348. 

41.  ^ Grigoryev SA, Bednar J, Woodcock CL (February 1999). MENT, a heterochromatin protein that mediates higher order chromatin folding, is a new serpin family member. The Journal of Biological Chemistry 274 (9): 562636. doi:10.1074/jbc.274.9.5626. PMID 10026180. 

42.  ^ Elliott PR, Lomas DA, Carrell RW, Abrahams JP (August 1996). Inhibitory conformation of the reactive loop of alpha 1-antitrypsin. Nature Structural Biology 3 (8): 67681. doi:10.1038/nsb0896-676. PMID 8756325. 

43.  ^ Horvath AJ, Irving JA, Rossjohn J, Law RH, Bottomley SP, Quinsey NS, Pike RN, Coughlin PB, Whisstock JC (December 2005). The murine orthologue of human antichymotrypsin: a structural paradigm for clade A3 serpins. The Journal of Biological Chemistry 280 (52): 4316878. doi:10.1074/jbc.M505598200. PMID 16141197. 

44.  ^ Whisstock JC, Skinner R, Carrell RW, Lesk AM (February 2000). Conformational changes in serpins: I. The native and cleaved conformations of alpha(1)-antitrypsin. Journal of Molecular Biology 296 (2): 68599. doi:10.1006/jmbi.1999.3520. PMID 10669617. 

45.  ^ a b 小出 武比古「セリンプロテアーゼとそのインヒビター--活性化,触媒機構ならびにその制御機構 (1土曜特集 プロテアーゼとそのインヒビター--最新の知見) -- (おもなプロテアーゼとそのインヒビター--活性化ならびにその制御機構)」、『医学のあゆみ』第198巻第1号、2001年、 11-16頁、 NAID 40000121445

46.  ^ a b Huntington JA (August 2006). Shape-shifting serpins--advantages of a mobile mechanism. Trends in Biochemical Sciences 31 (8): 42735. doi:10.1016/j.tibs.2006.06.005. PMID 16820297. 

47.  ^ Jin L, Abrahams JP, Skinner R, Petitou M, Pike RN, Carrell RW (December 1997). “The anticoagulant activation of antithrombin by heparin”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 94 (26): 146838. doi:10.1073/pnas.94.26.14683. PMC 25092. PMID 9405673. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=25092. 

48.  ^ Whisstock JC, Pike RN, Jin L, Skinner R, Pei XY, Carrell RW, Lesk AM (September 2000). Conformational changes in serpins: II. The mechanism of activation of antithrombin by heparin. Journal of Molecular Biology 301 (5): 1287305. doi:10.1006/jmbi.2000.3982. PMID 10966821. 

49.  ^ Li W, Johnson DJ, Esmon CT, Huntington JA (September 2004). Structure of the antithrombin-thrombin-heparin ternary complex reveals the antithrombotic mechanism of heparin. Nature Structural & Molecular Biology 11 (9): 85762. doi:10.1038/nsmb811. PMID 15311269. 

50.  ^ Johnson DJ, Li W, Adams TE, Huntington JA (May 2006). “Antithrombin-S195A factor Xa-heparin structure reveals the allosteric mechanism of antithrombin activation. The EMBO Journal 25 (9): 202937. doi:10.1038/sj.emboj.7601089. PMC 1456925. PMID 16619025. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1456925. 

51.  ^ 城谷 裕子、小出 武比古「アンチトロンビンのプロテアーゼ阻害機構とヘパリンの作用機構 立体構造で見る動的構造変化」、『日本血栓止血学会誌』第10巻第1号、1999年、 93-99頁、 doi:10.2491/jjsth.10.93NAID 130004092829

52.  ^ Walenga JM, Jeske WP, Samama MM, Frapaise FX, Bick RL, Fareed J (March 2002). Fondaparinux: a synthetic heparin pentasaccharide as a new antithrombotic agent. Expert Opinion on Investigational Drugs 11 (3): 397407. doi:10.1517/13543784.11.3.397. PMID 11866668. 

53.  ^ Petitou M, van Boeckel CA (June 2004). A synthetic antithrombin III binding pentasaccharide is now a drug! What comes next?. Angewandte Chemie 43 (24): 311833. doi:10.1002/anie.200300640. PMID 15199558. 

54.  ^ a b Lindahl TL, Sigurdardottir O, Wiman B (September 1989). Stability of plasminogen activator inhibitor 1 (PAI-1). Thrombosis and Haemostasis 62 (2): 74851. PMID 2479113. 

55.  ^ Mushunje A, Evans G, Brennan SO, Carrell RW, Zhou A (December 2004). Latent antithrombin and its detection, formation and turnover in the circulation. Journal of Thrombosis and Haemostasis 2 (12): 21707. doi:10.1111/j.1538-7836.2004.01047.x. PMID 15613023. 

56.  ^ Zhang Q, Buckle AM, Law RH, Pearce MC, Cabrita LD, Lloyd GJ, Irving JA, Smith AI, Ruzyla K, Rossjohn J, Bottomley SP, Whisstock JC (July 2007). “The N terminus of the serpin, tengpin, functions to trap the metastable native state”. EMBO Reports 8 (7): 65863. doi:10.1038/sj.embor.7400986. PMC 1905895. PMID 17557112. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1905895. 

57.  ^ Zhang Q, Law RH, Bottomley SP, Whisstock JC, Buckle AM (March 2008). A structural basis for loop C-sheet polymerization in serpins. Journal of Molecular Biology 376 (5): 134859. doi:10.1016/j.jmb.2007.12.050. PMID 18234218. 

58.  ^ Pemberton PA, Stein PE, Pepys MB, Potter JM, Carrell RW (November 1988). Hormone binding globulins undergo serpin conformational change in inflammation. Nature 336 (6196): 2578. doi:10.1038/336257a0. PMID 3143075. 

59.  ^ a b c Cao C, Lawrence DA, Li Y, Von Arnim CA, Herz J, Su EJ, Makarova A, Hyman BT, Strickland DK, Zhang L (May 2006). “Endocytic receptor LRP together with tPA and PAI-1 coordinates Mac-1-dependent macrophage migration”. The EMBO Journal 25 (9): 186070. doi:10.1038/sj.emboj.7601082. PMC 1456942. PMID 16601674. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1456942. 

60.  ^ Jensen JK, Dolmer K, Gettins PG (July 2009). “Specificity of binding of the low density lipoprotein receptor-related protein to different conformational states of the clade E serpins plasminogen activator inhibitor-1 and proteinase nexin-1”. The Journal of Biological Chemistry 284 (27): 1798997. doi:10.1074/jbc.M109.009530. PMC 2709341. PMID 19439404. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2709341. 

61.  ^ Soukup SF, Culi J, Gubb D (June 2009). Rulifson, Eric. ed. “Uptake of the necrotic serpin in Drosophila melanogaster via the lipophorin receptor-1”. PLoS Genetics 5 (6): e1000532. doi:10.1371/journal.pgen.1000532. PMC 2694266. PMID 19557185. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2694266. 

62.  ^ Kaiserman D, Whisstock JC, Bird PI (1 January 2006). Mechanisms of serpin dysfunction in disease. Expert Reviews in Molecular Medicine 8 (31): 119. doi:10.1017/S1462399406000184. PMID 17156576. 

63.  ^ Hopkins PC, Carrell RW, Stone SR (August 1993). Effects of mutations in the hinge region of serpins. Biochemistry 32 (30): 76507. doi:10.1021/bi00081a008. PMID 8347575. 

64.  ^ Beauchamp NJ, Pike RN, Daly M, Butler L, Makris M, Dafforn TR, Zhou A, Fitton HL, Preston FE, Peake IR, Carrell RW (October 1998). Antithrombins Wibble and Wobble (T85M/K): archetypal conformational diseases with in vivo latent-transition, thrombosis, and heparin activation. Blood 92 (8): 2696706. PMID 9763552. 

65.  ^ a b c Gooptu B, Hazes B, Chang WS, Dafforn TR, Carrell RW, Read RJ, Lomas DA (January 2000). “Inactive conformation of the serpin alpha(1)-antichymotrypsin indicates two-stage insertion of the reactive loop: implications for inhibitory function and conformational disease”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 97 (1): 6772. doi:10.1073/pnas.97.1.67. PMC 26617. PMID 10618372. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=26617. 

66.  ^ a b Homan EP, Rauch F, Grafe I, Lietman C, Doll JA, Dawson B, Bertin T, Napierala D, Morello R, Gibbs R, White L, Miki R, Cohn DH, Crawford S, Travers R, Glorieux FH, Lee B (December 2011). “Mutations in SERPINF1 cause osteogenesis imperfecta type VI”. Journal of Bone and Mineral Research 26 (12): 2798803. doi:10.1002/jbmr.487. PMC 3214246. PMID 21826736. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3214246. 

67.  ^ Fay WP, Parker AC, Condrey LR, Shapiro AD (July 1997). Human plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) deficiency: characterization of a large kindred with a null mutation in the PAI-1 gene. Blood 90 (1): 2048. PMID 9207454. 

68.  ^ a b c d e f Heit C, Jackson BC, McAndrews M, Wright MW, Thompson DC, Silverman GA, Nebert DW, Vasiliou V (30 October 2013). “Update of the human and mouse SERPIN gene superfamily”. Human Genomics 7: 22. doi:10.1186/1479-7364-7-22. PMC 3880077. PMID 24172014. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3880077. 

69.  ^ Owen MC, Brennan SO, Lewis JH, Carrell RW (September 1983). Mutation of antitrypsin to antithrombin. alpha 1-antitrypsin Pittsburgh (358 Met leads to Arg), a fatal bleeding disorder. The New England Journal of Medicine 309 (12): 6948. doi:10.1056/NEJM198309223091203. PMID 6604220. 

70.  ^ a b Lomas DA, Evans DL, Finch JT, Carrell RW (June 1992). The mechanism of Z alpha 1-antitrypsin accumulation in the liver. Nature 357 (6379): 6057. doi:10.1038/357605a0. PMID 1608473. 

71.  ^ 恩田 真紀「セルピノパシー : セルピンのポリマー化により発症するコンフォメーション病 : ニューロセルピン封入体形成による若年性痴呆症」、『化学と生物』第43巻第8号、2005年、 488-490頁、 NAID 10019044214

72.  ^ Kroeger H, Miranda E, MacLeod I, Pérez J, Crowther DC, Marciniak SJ, Lomas DA (August 2009). “Endoplasmic reticulum-associated degradation (ERAD) and autophagy cooperate to degrade polymerogenic mutant serpins”. The Journal of Biological Chemistry 284 (34): 22793802. doi:10.1074/jbc.M109.027102. PMC 2755687. PMID 19549782. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2755687. 

73.  ^ a b c Yamasaki M, Li W, Johnson DJ, Huntington JA (October 2008). Crystal structure of a stable dimer reveals the molecular basis of serpin polymerization. Nature 455 (7217): 12558. doi:10.1038/nature07394. PMID 18923394. 

74.  ^ a b Bottomley SP (October 2011). “The structural diversity in α1-antitrypsin misfolding. EMBO Reports 12 (10): 9834. doi:10.1038/embor.2011.187. PMC 3185355. PMID 21921939. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3185355. 

75.  ^ a b Yamasaki M, Sendall TJ, Pearce MC, Whisstock JC, Huntington JA (October 2011). “Molecular basis of α1-antitrypsin deficiency revealed by the structure of a domain-swapped trimer”. EMBO Reports 12 (10): 10117. doi:10.1038/embor.2011.171. PMC 3185345. PMID 21909074. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3185345. 

76.  ^ Chang WS, Whisstock J, Hopkins PC, Lesk AM, Carrell RW, Wardell MR (January 1997). “Importance of the release of strand 1C to the polymerization mechanism of inhibitory serpins”. Protein Science 6 (1): 8998. doi:10.1002/pro.5560060110. PMC 2143506. PMID 9007980. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2143506. 

77.  ^ Miranda E, Pérez J, Ekeowa UI, Hadzic N, Kalsheker N, Gooptu B, Portmann B, Belorgey D, Hill M, Chambers S, Teckman J, Alexander GJ, Marciniak SJ, Lomas DA (September 2010). A novel monoclonal antibody to characterize pathogenic polymers in liver disease associated with alpha1-antitrypsin deficiency. Hepatology 52 (3): 107888. doi:10.1002/hep.23760. PMID 20583215. 

78.  ^ Sandhaus RA (October 2004). “alpha1-Antitrypsin deficiency . 6: new and emerging treatments for alpha1-antitrypsin deficiency”. Thorax 59 (10): 9049. doi:10.1136/thx.2003.006551. PMC 1746849. PMID 15454659. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1746849. 

79.  ^ Lewis EC. “Expanding the clinical indications for α(1)-antitrypsin therapy”. Molecular Medicine 18 (6): 95770. doi:10.2119/molmed.2011.00196. PMC 3459478. PMID 22634722. http://www.molmed.org/content/pdfstore/11_196_Lewis.pdf. 

80.  ^ Fregonese L, Stolk J (2008). “Hereditary alpha-1-antitrypsin deficiency and its clinical consequences”. Orphanet Journal of Rare Diseases 3: 16. doi:10.1186/1750-1172-3-16. PMC 2441617. PMID 18565211. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2441617. 

81.  ^ Yusa K, Rashid ST, Strick-Marchand H, Varela I, Liu PQ, Paschon DE, Miranda E, Ordóñez A, Hannan NR, Rouhani FJ, Darche S, Alexander G, Marciniak SJ, Fusaki N, Hasegawa M, Holmes MC, Di Santo JP, Lomas DA, Bradley A, Vallier L (October 2011). “Targeted gene correction of α1-antitrypsin deficiency in induced pluripotent stem cells”. Nature 478 (7369): 3914. doi:10.1038/nature10424. PMC 3198846. PMID 21993621. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3198846. 

82.  ^ Mallya M, Phillips RL, Saldanha SA, Gooptu B, Brown SC, Termine DJ, Shirvani AM, Wu Y, Sifers RN, Abagyan R, Lomas DA (November 2007). “Small molecules block the polymerization of Z alpha1-antitrypsin and increase the clearance of intracellular aggregates”. Journal of Medicinal Chemistry 50 (22): 535763. doi:10.1021/jm070687z. PMC 2631427. PMID 17918823. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2631427. 

83.  ^ Gosai SJ, Kwak JH, Luke CJ, Long OS, King DE, Kovatch KJ, Johnston PA, Shun TY, Lazo JS, Perlmutter DH, Silverman GA, Pak SC (2010). “Automated high-content live animal drug screening using C. elegans expressing the aggregation prone serpin α1-antitrypsin Z”. PloS One 5 (11): e15460. doi:10.1371/journal.pone.0015460. PMC 2980495. PMID 21103396. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2980495. 

84.  ^ Cabrita LD, Irving JA, Pearce MC, Whisstock JC, Bottomley SP (September 2007). Aeropin from the extremophile Pyrobaculum aerophilum bypasses the serpin misfolding trap. The Journal of Biological Chemistry 282 (37): 268029. doi:10.1074/jbc.M705020200. PMID 17635906. 

85.  ^ Fluhr R, Lampl N, Roberts TH (May 2012). Serpin protease inhibitors in plant biology. Physiologia Plantarum 145 (1): 95102. doi:10.1111/j.1399-3054.2011.01540.x. PMID 22085334. 

86.  ^ Stoller JK, Aboussouan LS (2005). Alpha1-antitrypsin deficiency. Lancet 365 (9478): 222536. doi:10.1016/S0140-6736(05)66781-5. PMID 15978931. 

87.  ^ Münch J, Ständker L, Adermann K, Schulz A, Schindler M, Chinnadurai R, Pöhlmann S, Chaipan C, Biet T, Peters T, Meyer B, Wilhelm D, Lu H, Jing W, Jiang S, Forssmann WG, Kirchhoff F (April 2007). Discovery and optimization of a natural HIV-1 entry inhibitor targeting the gp41 fusion peptide. Cell 129 (2): 26375. doi:10.1016/j.cell.2007.02.042. PMID 17448989. 

88.  ^ Gooptu B, Dickens JA, Lomas DA (February 2014). The molecular and cellular pathology of α₁-antitrypsin deficiency. Trends in Molecular Medicine 20 (2): 11627. doi:10.1016/j.molmed.2013.10.007. PMID 24374162. 

89.  ^ Seixas S, Suriano G, Carvalho F, Seruca R, Rocha J, Di Rienzo A (February 2007). Sequence diversity at the proximal 14q32.1 SERPIN subcluster: evidence for natural selection favoring the pseudogenization of SERPINA2. Molecular Biology and Evolution 24 (2): 58798. doi:10.1093/molbev/msl187. PMID 17135331. 

90.  ^ Kalsheker NA (September 1996). Alpha 1-antichymotrypsin. The International Journal of Biochemistry & Cell Biology 28 (9): 9614. doi:10.1016/1357-2725(96)00032-5. PMID 8930118. 

91.  ^ Santamaria M, Pardo-Saganta A, Alvarez-Asiain L, Di Scala M, Qian C, Prieto J, Avila MA (April 2013). Nuclear α1-antichymotrypsin promotes chromatin condensation and inhibits proliferation of human hepatocellular carcinoma cells. Gastroenterology 144 (4): 818828.e4. doi:10.1053/j.gastro.2012.12.029. PMID 23295442. 

92.  ^ Zhang S, Janciauskiene S (April 2002). Multi-functional capability of proteins: alpha1-antichymotrypsin and the correlation with Alzheimer's disease. Journal of Alzheimer's Disease 4 (2): 11522. PMID 12214135. 

93.  ^ Chao J, Stallone JN, Liang YM, Chen LM, Wang DZ, Chao L (July 1997). “Kallistatin is a potent new vasodilator”. The Journal of Clinical Investigation 100 (1): 117. doi:10.1172/JCI119502. PMC 508159. PMID 9202051. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=508159. 

94.  ^ Miao RQ, Agata J, Chao L, Chao J (November 2002). Kallistatin is a new inhibitor of angiogenesis and tumor growth. Blood 100 (9): 324552. doi:10.1182/blood-2002-01-0185. PMID 12384424. 

95.  ^ Liu Y, Bledsoe G, Hagiwara M, Shen B, Chao L, Chao J (October 2012). Depletion of endogenous kallistatin exacerbates renal and cardiovascular oxidative stress, inflammation, and organ remodeling. American Journal of Physiology. Renal Physiology 303 (8): F1230-8. doi:10.1152/ajprenal.00257.2012. PMID 22811485. 

96.  ^ Geiger M (March 2007). Protein C inhibitor, a serpin with functions in- and outside vascular biology. Thrombosis and Haemostasis 97 (3): 3437. doi:10.1160/th06-09-0488. PMID 17334499. 

97.  ^ Baumgärtner P, Geiger M, Zieseniss S, Malleier J, Huntington JA, Hochrainer K, Bielek E, Stoeckelhuber M, Lauber K, Scherfeld D, Schwille P, Wäldele K, Beyer K, Engelmann B (November 2007). “Phosphatidylethanolamine critically supports internalization of cell-penetrating protein C inhibitor”. The Journal of Cell Biology 179 (4): 793804. doi:10.1083/jcb.200707165. PMC 2080921. PMID 18025309. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2080921. 

98.  ^ Uhrin P, Dewerchin M, Hilpert M, Chrenek P, Schöfer C, Zechmeister-Machhart M, Krönke G, Vales A, Carmeliet P, Binder BR, Geiger M (December 2000). “Disruption of the protein C inhibitor gene results in impaired spermatogenesis and male infertility. The Journal of Clinical Investigation 106 (12): 15319. doi:10.1172/JCI10768. PMC 381472. PMID 11120760. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=381472. 

99.  ^ Han MH, Hwang SI, Roy DB, Lundgren DH, Price JV, Ousman SS, Fernald GH, Gerlitz B, Robinson WH, Baranzini SE, Grinnell BW, Raine CS, Sobel RA, Han DK, Steinman L (February 2008). Proteomic analysis of active multiple sclerosis lesions reveals therapeutic targets. Nature 451 (7182): 107681. doi:10.1038/nature06559. PMID 18278032. 

100.                ^ Torpy DJ, Ho JT (August 2007). Corticosteroid-binding globulin gene polymorphisms: clinical implications and links to idiopathic chronic fatigue disorders. Clinical Endocrinology 67 (2): 1617. doi:10.1111/j.1365-2265.2007.02890.x. PMID 17547679. 

101.                ^ Bartalena L, Robbins J (1992). Variations in thyroid hormone transport proteins and their clinical implications. Thyroid 2 (3): 23745. doi:10.1089/thy.1992.2.237. PMID 1422238. 

102.                ^ Persani L (September 2012). Clinical review: Central hypothyroidism: pathogenic, diagnostic, and therapeutic challenges. The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 97 (9): 306878. doi:10.1210/jc.2012-1616. PMID 22851492. 

103.                ^ Kumar R, Singh VP, Baker KM (July 2007). The intracellular renin-angiotensin system: a new paradigm. Trends in Endocrinology and Metabolism 18 (5): 20814. doi:10.1016/j.tem.2007.05.001. PMID 17509892. 

104.                ^ Tanimoto K, Sugiyama F, Goto Y, Ishida J, Takimoto E, Yagami K, Fukamizu A, Murakami K (December 1994). Angiotensinogen-deficient mice with hypotension. The Journal of Biological Chemistry 269 (50): 313347. PMID 7989296. 

105.                ^ Jeunemaitre X, Gimenez-Roqueplo AP, Célérier J, Corvol P (1999). Angiotensinogen variants and human hypertension. Current Hypertension Reports 1 (1): 3141. doi:10.1007/s11906-999-0071-0. PMID 10981040. 

106.                ^ Sethi AA, Nordestgaard BG, Tybjaerg-Hansen A (July 2003). Angiotensinogen gene polymorphism, plasma angiotensinogen, and risk of hypertension and ischemic heart disease: a meta-analysis. Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology 23 (7): 126975. doi:10.1161/01.ATV.0000079007.40884.5C. PMID 12805070. 

107.                ^ Dickson ME, Sigmund CD (July 2006). Genetic basis of hypertension: revisiting angiotensinogen. Hypertension 48 (1): 1420. doi:10.1161/01.HYP.0000227932.13687.60. PMID 16754793. 

108.                ^ Frazer JK, Jackson DG, Gaillard JP, Lutter M, Liu YJ, Banchereau J, Capra JD, Pascual V (October 2000). Identification of centerin: a novel human germinal center B cell-restricted serpin. European Journal of Immunology 30 (10): 303948. doi:10.1002/1521-4141(200010)30:10<3039::AID-IMMU3039>3.0.CO;2-H. PMID 11069088. 

109.                ^ Paterson MA, Horvath AJ, Pike RN, Coughlin PB (August 2007). “Molecular characterization of centerin, a germinal centre cell serpin”. The Biochemical Journal 405 (3): 48994. doi:10.1042/BJ20070174. PMC 2267310. PMID 17447896. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2267310. 

110.                ^ Paterson MA, Hosking PS, Coughlin PB (July 2008). Expression of the serpin centerin defines a germinal center phenotype in B-cell lymphomas. American Journal of Clinical Pathology 130 (1): 11726. doi:10.1309/9QKE68QU7B825A3U. PMID 18550480. 

111.                ^ Ashton-Rickardt PG (April 2013). An emerging role for Serine Protease Inhibitors in T lymphocyte immunity and beyond. Immunology Letters 152 (1): 6576. doi:10.1016/j.imlet.2013.04.004. PMID 23624075. 

112.                ^ Han X, Fiehler R, Broze GJ (November 2000). Characterization of the protein Z-dependent protease inhibitor. Blood 96 (9): 304955. PMID 11049983. 

113.                ^ Hida K, Wada J, Eguchi J, Zhang H, Baba M, Seida A, Hashimoto I, Okada T, Yasuhara A, Nakatsuka A, Shikata K, Hourai S, Futami J, Watanabe E, Matsuki Y, Hiramatsu R, Akagi S, Makino H, Kanwar YS (July 2005). “Visceral adipose tissue-derived serine protease inhibitor: a unique insulin-sensitizing adipocytokine in obesity”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102 (30): 106105. doi:10.1073/pnas.0504703102. PMC 1180799. PMID 16030142. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1180799. 

114.                ^ Feng R, Li Y, Wang C, Luo C, Liu L, Chuo F, Li Q, Sun C (October 2014). Higher vaspin levels in subjects with obesity and type 2 diabetes mellitus: a meta-analysis. Diabetes Research and Clinical Practice 106 (1): 8894. doi:10.1016/j.diabres.2014.07.026. PMID 25151227. 

115.                ^ Remold-O'Donnell E, Chin J, Alberts M (June 1992). “Sequence and molecular characterization of human monocyte/neutrophil elastase inhibitor”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 89 (12): 56359. doi:10.1073/pnas.89.12.5635. PMC 49347. PMID 1376927. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=49347. 

116.                ^ Benarafa C, Priebe GP, Remold-O'Donnell E (August 2007). “The neutrophil serine protease inhibitor serpinb1 preserves lung defense functions in Pseudomonas aeruginosa infection”. The Journal of Experimental Medicine 204 (8): 19019. doi:10.1084/jem.20070494. PMC 2118684. PMID 17664292. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2118684. 

117.                ^ Antalis TM, La Linn M, Donnan K, Mateo L, Gardner J, Dickinson JL, Buttigieg K, Suhrbier A (June 1998). “The serine proteinase inhibitor (serpin) plasminogen activation inhibitor type 2 protects against viral cytopathic effects by constitutive interferon alpha/beta priming”. The Journal of Experimental Medicine 187 (11): 1799811. doi:10.1084/jem.187.11.1799. PMC 2212304. PMID 9607921. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2212304. 

118.                ^ Zhao A, Yang Z, Sun R, Grinchuk V, Netzel-Arnett S, Anglin IE, Driesbaugh KH, Notari L, Bohl JA, Madden KB, Urban JF, Antalis TM, Shea-Donohue T (June 2013). SerpinB2 is critical to Th2 immunity against enteric nematode infection. Journal of Immunology 190 (11): 577987. doi:10.4049/jimmunol.1200293. PMID 23630350. 

119.                ^ Dougherty KM, Pearson JM, Yang AY, Westrick RJ, Baker MS, Ginsburg D (January 1999). “The plasminogen activator inhibitor-2 gene is not required for normal murine development or survival”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 96 (2): 68691. doi:10.1073/pnas.96.2.686. PMC 15197. PMID 9892694. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=15197. 

120.                ^ Takeda A, Yamamoto T, Nakamura Y, Takahashi T, Hibino T (February 1995). Squamous cell carcinoma antigen is a potent inhibitor of cysteine proteinase cathepsin L. FEBS Letters 359 (1): 7880. doi:10.1016/0014-5793(94)01456-b. PMID 7851535. 

121.                ^ a b Turato C, Pontisso P (March 2015). “SERPINB3 (serpin peptidase inhibitor, clade B (ovalbumin), member 3)”. Atlas of Genetics and Cytogenetics in Oncology and Haematology 19 (3): 202209. doi:10.4267/2042/56413. PMC 4430857. PMID 25984243. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4430857. 

122.                ^ a b Sivaprasad U, Askew DJ, Ericksen MB, Gibson AM, Stier MT, Brandt EB, Bass SA, Daines MO, Chakir J, Stringer KF, Wert SE, Whitsett JA, Le Cras TD, Wills-Karp M, Silverman GA, Khurana Hershey GK (January 2011). “A nonredundant role for mouse Serpinb3a in the induction of mucus production in asthma”. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 127 (1): 25461, 261.e1-6. doi:10.1016/j.jaci.2010.10.009. PMC 3058372. PMID 21126757. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3058372. 

123.                ^ Schick C, Kamachi Y, Bartuski AJ, Cataltepe S, Schechter NM, Pemberton PA, Silverman GA (January 1997). Squamous cell carcinoma antigen 2 is a novel serpin that inhibits the chymotrypsin-like proteinases cathepsin G and mast cell chymase. The Journal of Biological Chemistry 272 (3): 184955. doi:10.1074/jbc.272.3.1849. PMID 8999871. 

124.                ^ Teoh SS, Whisstock JC, Bird PI (April 2010). “Maspin (SERPINB5) is an obligate intracellular serpin”. The Journal of Biological Chemistry 285 (14): 108629. doi:10.1074/jbc.M109.073171. PMC 2856292. PMID 20123984. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2856292. 

125.                ^ Zou Z, Anisowicz A, Hendrix MJ, Thor A, Neveu M, Sheng S, Rafidi K, Seftor E, Sager R (January 1994). Maspin, a serpin with tumor-suppressing activity in human mammary epithelial cells. Science 263 (5146): 5269. doi:10.1126/science.8290962. PMID 8290962. 

126.                ^ a b c Teoh SS, Vieusseux J, Prakash M, Berkowicz S, Luu J, Bird CH, Law RH, Rosado C, Price JT, Whisstock JC, Bird PI (2014). “Maspin is not required for embryonic development or tumour suppression”. Nature Communications 5: 3164. doi:10.1038/ncomms4164. PMC 3905777. PMID 24445777. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3905777. 

127.                ^ Gao F, Shi HY, Daughty C, Cella N, Zhang M (April 2004). Maspin plays an essential role in early embryonic development. Development 131 (7): 147989. doi:10.1242/dev.01048. PMID 14985257. 

128.                ^ Scott FL, Hirst CE, Sun J, Bird CH, Bottomley SP, Bird PI (March 1999). The intracellular serpin proteinase inhibitor 6 is expressed in monocytes and granulocytes and is a potent inhibitor of the azurophilic granule protease, cathepsin G. Blood 93 (6): 208997. PMID 10068683. 

129.                ^ Tan J, Prakash MD, Kaiserman D, Bird PI (July 2013). Absence of SERPINB6A causes sensorineural hearing loss with multiple histopathologies in the mouse inner ear. The American Journal of Pathology 183 (1): 4959. doi:10.1016/j.ajpath.2013.03.009. PMID 23669344. 

130.                ^ Scarff KL, Ung KS, Nandurkar H, Crack PJ, Bird CH, Bird PI (May 2004). “Targeted disruption of SPI3/Serpinb6 does not result in developmental or growth defects, leukocyte dysfunction, or susceptibility to stroke”. Molecular and Cellular Biology 24 (9): 407582. doi:10.1128/MCB.24.9.4075-4082.2004. PMC 387772. PMID 15082799. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=387772. 

131.                ^ Naz, Sadaf (2012). Genetics of Nonsyndromic Recessively Inherited Moderate to Severe and Progressive Deafness in Humans. InTech. pp. 260. doi:10.5772/31808. ISBN 978-953-51-0366-0. http://cdn.intechopen.com/pdfs/33872/InTech-Genetics_of_nonsyndromic_recessively_inherited_moderate_to_severe_and_progressive_deafness_in_humans.pdf. 

132.                ^ Miyata T, Inagi R, Nangaku M, Imasawa T, Sato M, Izuhara Y, Suzuki D, Yoshino A, Onogi H, Kimura M, Sugiyama S, Kurokawa K (March 2002). “Overexpression of the serpin megsin induces progressive mesangial cell proliferation and expansion”. The Journal of Clinical Investigation 109 (5): 58593. doi:10.1172/JCI14336. PMC 150894. PMID 11877466. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=150894. 

133.                ^ a b Miyata T, Li M, Yu X, Hirayama N (May 2007). “Megsin gene: its genomic analysis, pathobiological functions, and therapeutic perspectives. Current Genomics 8 (3): 2038. doi:10.2174/138920207780833856. PMC 2435355. PMID 18645605. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2435355. 

134.                ^ Kubo A (August 2014). Nagashima-type palmoplantar keratosis: a common Asian type caused by SERPINB7 protease inhibitor deficiency. The Journal of Investigative Dermatology 134 (8): 20769. doi:10.1038/jid.2014.156. PMID 25029323. 

135.                ^ Dahlen JR, Jean F, Thomas G, Foster DC, Kisiel W (January 1998). Inhibition of soluble recombinant furin by human proteinase inhibitor 8. The Journal of Biological Chemistry 273 (4): 18514. doi:10.1074/jbc.273.4.1851. PMID 9442015. 

136.                ^ Sun J, Bird CH, Sutton V, McDonald L, Coughlin PB, De Jong TA, Trapani JA, Bird PI (November 1996). A cytosolic granzyme B inhibitor related to the viral apoptotic regulator cytokine response modifier A is present in cytotoxic lymphocytes. The Journal of Biological Chemistry 271 (44): 278029. doi:10.1074/jbc.271.44.27802. PMID 8910377. 

137.                ^ Zhang M, Park SM, Wang Y, Shah R, Liu N, Murmann AE, Wang CR, Peter ME, Ashton-Rickardt PG (April 2006). Serine protease inhibitor 6 protects cytotoxic T cells from self-inflicted injury by ensuring the integrity of cytotoxic granules. Immunity 24 (4): 45161. doi:10.1016/j.immuni.2006.02.002. PMID 16618603. 

138.                ^ Rizzitelli A, Meuter S, Vega Ramos J, Bird CH, Mintern JD, Mangan MS, Villadangos J, Bird PI (October 2012). Serpinb9 (Spi6)-deficient mice are impaired in dendritic cell-mediated antigen cross-presentation. Immunology and Cell Biology 90 (9): 84151. doi:10.1038/icb.2012.29. PMID 22801574. 

139.                ^ Riewald M, Chuang T, Neubauer A, Riess H, Schleef RR (February 1998). “Expression of bomapin, a novel human serpin, in normal/malignant hematopoiesis and in the monocytic cell lines THP-1 and AML-193”. Blood 91 (4): 125662. PMID 9454755. http://bloodjournal.hematologylibrary.org/content/91/4/1256.full. 

140.                ^ a b Askew DJ, Cataltepe S, Kumar V, Edwards C, Pace SM, Howarth RN, Pak SC, Askew YS, Brömme D, Luke CJ, Whisstock JC, Silverman GA (August 2007). SERPINB11 is a new noninhibitory intracellular serpin. Common single nucleotide polymorphisms in the scaffold impair conformational change. The Journal of Biological Chemistry 282 (34): 2494860. doi:10.1074/jbc.M703182200. PMID 17562709. 

141.                ^ Finno CJ, Stevens C, Young A, Affolter V, Joshi NA, Ramsay S, Bannasch DL (April 2015). SERPINB11 frameshift variant associated with novel hoof specific phenotype in Connemara ponies. PLoS Genetics 11 (4): e1005122. doi:10.1371/journal.pgen.1005122. PMID 25875171. 

142.                ^ Askew YS, Pak SC, Luke CJ, Askew DJ, Cataltepe S, Mills DR, Kato H, Lehoczky J, Dewar K, Birren B, Silverman GA (December 2001). SERPINB12 is a novel member of the human ov-serpin family that is widely expressed and inhibits trypsin-like serine proteinases. The Journal of Biological Chemistry 276 (52): 4932030. doi:10.1074/jbc.M108879200. PMID 11604408. 

143.                ^ Welss T, Sun J, Irving JA, Blum R, Smith AI, Whisstock JC, Pike RN, von Mikecz A, Ruzicka T, Bird PI, Abts HF (June 2003). Hurpin is a selective inhibitor of lysosomal cathepsin L and protects keratinocytes from ultraviolet-induced apoptosis. Biochemistry 42 (24): 73819. doi:10.1021/bi027307q. PMID 12809493. 

144.                ^ Ishiguro K, Kojima T, Kadomatsu K, Nakayama Y, Takagi A, Suzuki M, Takeda N, Ito M, Yamamoto K, Matsushita T, Kusugami K, Muramatsu T, Saito H (October 2000). “Complete antithrombin deficiency in mice results in embryonic lethality”. The Journal of Clinical Investigation 106 (7): 8738. doi:10.1172/JCI10489. PMC 517819. PMID 11018075. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=517819. 

145.                ^ Huntington JA (July 2011). Serpin structure, function and dysfunction. Journal of Thrombosis and Haemostasis 9 Suppl 1: 2634. doi:10.1111/j.1538-7836.2011.04360.x. PMID 21781239. 

146.                ^ Vicente CP, He L, Pavão MS, Tollefsen DM (December 2004). Antithrombotic activity of dermatan sulfate in heparin cofactor II-deficient mice. Blood 104 (13): 396570. doi:10.1182/blood-2004-02-0598. PMID 15315969. 

147.                ^ Aihara K, Azuma H, Akaike M, Ikeda Y, Sata M, Takamori N, Yagi S, Iwase T, Sumitomo Y, Kawano H, Yamada T, Fukuda T, Matsumoto T, Sekine K, Sato T, Nakamichi Y, Yamamoto Y, Yoshimura K, Watanabe T, Nakamura T, Oomizu A, Tsukada M, Hayashi H, Sudo T, Kato S, Matsumoto T (June 2007). “Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice”. The Journal of Clinical Investigation 117 (6): 151426. doi:10.1172/JCI27095. PMC 1878511. PMID 17549254. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1878511. 

148.                ^ Cale JM, Lawrence DA (September 2007). Structure-function relationships of plasminogen activator inhibitor-1 and its potential as a therapeutic agent. Current Drug Targets 8 (9): 97181. doi:10.2174/138945007781662337. PMID 17896949. 

149.                ^ Lino MM, Atanasoski S, Kvajo M, Fayard B, Moreno E, Brenner HR, Suter U, Monard D (April 2007). Mice lacking protease nexin-1 show delayed structural and functional recovery after sciatic nerve crush. The Journal of Neuroscience 27 (14): 367785. doi:10.1523/JNEUROSCI.0277-07.2007. PMID 17409231. 

150.                ^ Murer V, Spetz JF, Hengst U, Altrogge LM, de Agostini A, Monard D (March 2001). “Male fertility defects in mice lacking the serine protease inhibitor protease nexin-1”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 98 (6): 302933. doi:10.1073/pnas.051630698. PMC 30601. PMID 11248026. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=30601. 

151.                ^ Lüthi A, Van der Putten H, Botteri FM, Mansuy IM, Meins M, Frey U, Sansig G, Portet C, Schmutz M, Schröder M, Nitsch C, Laurent JP, Monard D (June 1997). Endogenous serine protease inhibitor modulates epileptic activity and hippocampal long-term potentiation.