人参養栄湯(にんじんようえいとう)
適応症 肺結核 便秘 肋膜炎 夢精・遺精 インポテンツ 病後・産後衰弱    
               
               
目  標 やせて血色が悪く、微熱、悪寒(おかん)、咳嗽(がいそう)がとれずに倦怠感が著しく、食欲不振で精神不安、不眠、盗汗(ねあせ)などもあり、便秘気味のもの。 
構  成 人参(にんじん):3 黄耆(おうぎ):1.5 朮(じゅつ):4 茯苓(ぶくりょう):4 当帰(とうき):4
熟地黄(じゅくじおう):4 桂皮(けいひ):2.5 芍薬(しゃくやく):2 陳皮(ちんぴ):2 遠志(おんじ):2
五味子(ごみし):1 生姜(しょうきょう):1 大棗(たいそう):1 甘草(かんぞう):1  
         
         
備  考 本方は、上気道、呼吸器の病勢が進んで体力が消耗して、そのために消耗熱や咳嗽(がいそう)、神経症状を発現するものに用います。

結核性の疾患によく用いられますが、慢性疾患や術後の体力低下などにも用います。

本方は、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)の適応者とほぼ同様の体質者ですが、本方には、鎮咳(ちんがい)、去痰(きょたん)作用があり、咳嗽(がいそう)がひとつの目標になります。