ST29.帰来(きらい)

取穴部位:天枢穴の下4寸、中極穴の外2寸、神闕穴の高さより下4寸で正中線から外方2

筋肉:腹直筋外腹斜筋内腹斜筋

運動神経:肋間神経腸骨下腹神経腸骨鼠径神経

知覚神経:肋間神経前皮枝腸骨下腹神経前皮枝

血管:浅腹壁動脈下腹壁動脈

 解剖学的データ

筋肉

内腹斜筋

鼠径靱帯・腸骨稜・胸腰筋膜から起こり、第1012肋骨下縁および腹直筋鞘・白線に停止する筋肉。主に肋骨とともに胸郭を引き下げ、脊柱を曲げると同時に、骨盤を引き上げる働きがある。

外腹斜筋

5~第12肋骨外側面から起こり、腸骨稜および鼠径靱帯、白線に停止する筋肉。斜め前下方に走っているため、肋骨とともに胸郭を引き下げ、脊柱を曲げると同時に、骨盤を引き上げる作用がある。

腹直筋

恥骨の恥骨結合部および恥骨結節上縁から起こり、第5~第7肋軟骨と剣状突起に停止する筋肉。主に体幹部を屈曲・回旋・側屈させる働きがあり、呼吸にも関与する。

運動神経

肋間神経‐筋枝

胸神経前枝のことで、肋間動静脈とともに肋間を走行する神経。肋間神経からは、外肋間筋・内肋間筋・最内肋間筋・肋下筋・胸横筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋・腹直筋・錐体筋・肋骨挙筋・上後鋸筋・下後鋸筋を支配する筋枝が出る他、前胸部から体表に出て知覚を司る前皮枝、体幹の外側で体表に出て知覚を司る外側皮枝が分岐する。第2もしくは第1・第3肋間神経外側皮枝は肋間上腕神経の一部となる。

腸骨下腹神経‐筋枝

腰神経叢の第12胸神経~第1腰神経より起こる神経。腸骨下腹神経は腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋などを支配する筋枝を出した後、下腹部の皮膚の知覚を司る前皮枝と臀部の皮膚の知覚を司る外側皮枝に枝分かれする。

腸骨鼠径神経‐筋枝

腰神経叢の第1または第2腰神経より起こり、内外腹斜筋の間を走って鼠径管を通る神経。腸骨鼠径神経は腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋などを支配する筋枝を出した後、男性では前陰嚢神経、女性では前陰唇神経となる。

知覚神経

腸骨下腹神経‐前皮枝

腰神経叢の第12胸神経~第1腰神経より起こる神経。腸骨下腹神経は腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋などを支配する筋枝を出した後、下腹部の皮膚の知覚を司る前皮枝と臀部の皮膚の知覚を司る外側皮枝に枝分かれする。

血管

浅腹壁動脈

大腿動脈から起こり、皮下を上行し鼠径靱帯を越え、さらに前腹壁の皮下を上に向かい、臍の高さで上腹壁動脈の枝と吻合する動脈。

下腹壁動脈

外腸骨動脈から起こり、下腹を上行したのち臍の上で上腹壁動脈と交通する動脈。主に腹直筋などを栄養している。

主治・対象疾患

下腹部の脹り

腹鳴

生理不順

生理痛

尿漏れ

尿閉

頻尿

尿路痛

尿管結石

尿道炎

膀胱炎

下腹部痛

子宮筋腫

子宮けいれん

子宮内膜炎

卵巣炎

膣炎

不妊症

睾丸炎

ED(勃起不全)

 

 

夫の帰りを待って子宝を授かるツボ、帰来(きらい) 日々のツボ ST29

主治
男女ともに泌尿器・生殖器のトラブル
生理不順 子宮内膜症 子宮筋腫 子宮下垂 膀胱炎 ED

場所
臍下指5本分(4寸)下の中極ツボから外側に指3本分(2寸)外側

https://mannendou.jp/wp-content/uploads/2020/07/%E5%B8%B0%E6%9D%A5%E3%83%84%E3%83%9C.jpg

調経種子のツボ
昔から、このツボは調経種子(ちょうけいしゅし)の効能を持つといわれてきました。つまり、女性の月経を整えて夫の帰りを待って子ができるという意味で、帰来と名付けられたようです。それほど妊娠に効能のあるツボ処ということです。調経種子とは、月経を調えて子どもの種=精子をまく、という意味。

セルフケア方法
・ダブル棒灸(左右のツボを同時に温める)
・あずきのちからやホッカイロを使って面で温める